人気ブログランキング |

"カタカタ"ステムナット増し締め

昨晩、深夜28:00に本年のお仕事が終了!!
予定より2日早く終わったw

今日はこのところの睡眠不足を解消すべく、13時まで爆睡w
起きたら我が家には誰もおらんw


ならばパパは遊びます。
最近、路面ギャップで若干"カタカタ"と鳴り出した、ステム回りを調整です。
1年ほど前の納車直後に、ステムベアリングの交換とグリスアップを施して、現在で約13000km。

そろそろステムナットに緩みが出てきたかも。

センタースタンドで、リアを持ち上げ、リアタイヤにゴム噛ましフロント加重にしてから作業開始。
*フロントが上がっていると、ステムナットを緩めた時に、不本意にステムが下がってしまう恐れもあるので。。。

ハンドルポストをバラして、36mmソケットでトップナットを取り外し。
左右のフォークナットは41mm。

f0310771_1843567.jpg



ステムナットが顔を出します。

f0310771_1873467.jpg



フックレンチ30-38でステムナットを取り外し。
ここはもともと、ガチガチに締め込む場所ではないので、軽く回ります。

f0310771_1885622.jpg



13000km走行したステムベアリングの状態。
グリースの乾燥も乳化もなく、まだまだちゃんとしてます。

f0310771_18145086.jpg



愛用EPLグリース、今塗ってあるのもこれ。

f0310771_18173982.jpg



バラす必要もなさそうなので(めんどくさいしw) このままEPLの220スプレーグリースをニードルベアリングに吹き込み、EPLグリースを入れられるだけ指で押し込む。そんでステアリングを回して馴染ませる。

f0310771_18152335.jpg



ねじ山をキレイに清掃してからトップナット・フォークナットを締め込みます。
ここはそこそこトルクをかけて締めるので、次回かじらないよう少量のカッパーグリースを塗っておいた。


f0310771_18111982.jpg



ステムナットの締め具合は、ステアリングの操作性に大きく影響する。
締めれば良いってものでもない。これは言葉で説明できるものでもなく、感覚と、実走を重ねて解るもの。
今回は"カタカタ"を消すのが目的でもあるので、取り外した時のトルク感よりも、少し(+3mm)締め込んだ。

更にトップブリッジを取り付けて、トップナットを本気締めするのだが、ここでもまた負荷がかかり、締め具合に影響する。そこも加味したトルクで、ステムナットを締め込む。規定トルクは無い。


つまり。。。。


ま、こんくらい??


な、My Experience トルクでw

トップブリッジを填め込む時は、仮締め後にプラハンなどで軽く叩いて、フィッティングを馴染ませてからアルミトップブリッジのヨークボルトと、各ナット類の本締め。トップナット(キャップナット)は107Nm。フォークナットは40Nm


陽も暮れかけたころに、折角なので試走。
いつも"カタカタ"と鳴ってしまう、いつもの荒れた路面を通ってみる。
クイクイっとスムーズに通過。コンビニ駐車場へ入る歩道との段差でも、カタカタ言わない。

どうやら良さそうです。

ここの締め具合や、フォークナット、ヨーク留めのバランス次第では、RSに良くある?と巷では言われている、いわゆるシミー現象、フロントがブルブルする事もあるのかな?

個体差もあるのかどうか解らないけど、幸いシャチはシミーに悩まされた事は一度もない。
段差で時々"カタカタ"鳴っていても、何事もなく、何キロだろうが真っ直ぐ走る。両手を離して、あえてハンドルにきっかけを与えても何も起きない。
0Km〜150kmまででも、特に不安なくずっと片手のままでもいける。(風や路面状態はその時々で別として)


今年はあと何回乗れるかな。
ここ地元横浜のこの時間、好きですねー。

f0310771_18342264.jpg





Twitter ID Bonne38 (記事更新をツイートしてます)



バイク用品&インプレッションウェビック



にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

by moto-rs | 2014-12-28 18:40 | メンテナンス | Comments(10)

Commented by ナベちゃん at 2014-12-28 21:35 x
こんばんは。

毎回すごい整備に感心仕切りです。
少しはmotoさんの爪の垢でも煎じて頂かなくてはならないくらい整備オンチの僕です😓
バイクの専門用語も時としてチンプンカンプンで辞書をひいたりしているくらいですから、整備オンチの度合いは察していただけると思います。

ともあれ、とても参考にさせていただきましたこと御礼申し上げます。明け年も勉強させていただきたく存じます。
ありがとうございました。
Commented by それる at 2014-12-28 21:57 x
 このEPLグリース、高負荷のかかる部分にとてもいいみたいですね。少々高かったですが愛用していきたいと思います。

 よくR100RSである”振り落とされる”くらいのシミー現象は特定の条件でしか出ないですね。
 シミーはリンク先に書いてあるように、両手を離した状態で確認することができます。片手離しでは判断できないかと(^^;;

 でもmotoさんパニアを常に付けた状態、あのスリップサインの出たタイヤでコーナー中など全くフルフルした感じがなかったんですよね。
 だとするとシャチ号は出ない車両なのかもしれませんね
羨ましい………。
Commented by moto-rs at 2014-12-28 22:04
ナベちゃんさん、手を入れた分、良くなっていくバイクです。
もちろん、失敗も多々ありますが、修正するれば元通りにできちゃう良いバイクですw
Commented by moto-rs at 2014-12-28 22:09
それるさん、こんばんわ。
EPLグリース、確か川崎屋?という名前のお店で小さいのが買えたような記憶ありますがそこかな?
たぶん同じものじゃないですかね。使いやすいし、劣化が遅いので逸品です。
シミーは両手を離しても出ませんね。さすがに150kmで両手は離しませんが(笑)0〜100kmくらいではなんともないです。
タイヤの摩耗により、乗り味にゴツゴツ感は出ましたが、シミーなどは無かったです。
何がシミーを誘発するんでしょうね〜。。。

Commented by それる at 2014-12-28 22:15 x
>motoさん
そうです、川崎屋です、劣化が遅いんですね良かった。

>何がシミーを誘発するんでしょうね〜。。。
タイヤの減りと、整備不良ですw
Commented by moto-rs at 2014-12-28 22:22
それるさん、存分に整備してるじゃないすかw
RSの事例をあちこちで見ると、一概にフロント回りが原因というわけでもなく、フレームの質量とか、左右に振れる独特のボクサーエンジンの、マウント部の位置個体差とか、色々あるように思います。難しいですねー。
Commented by gombei at 2014-12-28 22:32 x
うちのもカタカタします てっきり ベアリングが駄目になったのかと思ってました 締めなおせば治るんですね

フロントのぶれはタイヤがちびってくると置きやすくなるみたいですね
Commented by moto-rs at 2014-12-28 23:08
gombeiさん、カタカタの鳴り具合にもよると思いますが、多少なら締め込みで直ると思います。
段差だけでなく、フルブレーキでの完全停車時の加重リバウンドで"カチン"っと鳴る場合はベアリングそのものに破損劣化があるかも?ですね。
前者の場合、直そうとしてステムナット締め込みすぎると、セルフステアが極端に鈍くなって、モロに重たいハンドリングになってしまいますね。ヒラヒラと走る車体であり、カタカタ言わない、そのさじ加減が微妙なとこで。。。トライ&エラーを重ねるですねw
Commented by silva at 2014-12-29 10:00 x
お仕事お疲れ様でした。
忘年キャンプで待ってますよ~www
Commented by moto-rs at 2014-12-29 13:36
あ!変態野宿同盟のsilvaさんですねw
僕はノーマルなので、webで楽しみますw