人気ブログランキング |

バレオ+エンデュララスト

はい、セルモーターネタの続きです。

再生した粉砕セルモーター(左)の交代予備として、快速便で手元に届いた、まったく同じユーロモトエレクトリック製エンデュララストのセルモーター新品 (右)。共にバレオD6RA15互換品。

f0310771_21372475.jpg



先日の記事にコメント頂いた中に「ユーロモト製のハウジングは割れた事例が他にもあった?」ようで、なるほどそれなら!

ってことで、比較w


ギヤカバー部分の厚みなどは、見た目そんなに変わらない?

f0310771_21351422.jpg


カバー取り外し。
中身はどちらもユーロモト製なので同じ。

f0310771_2137512.jpg



カバー裏側。若干、鋳型細部に違いはあるけど、強度的には。。ん〜〜同じだね〜〜。

f0310771_22321725.jpg



金属表面処理。ここが最も違う。
左がユーロモト製、右がオリジナル・バレオ。

f0310771_21395519.jpg


明らかに時代の差を感じます。
塗装含めた仕上げの良さは現代のユーロモト(左)が上回っているが、金属の密度というか剛性感?は確かにオリジナルバレオ(右)のほうがあるようにも見える。なんというか、長年川の流れに揉まれて強度が増した石のような(笑)つまり塊感、みたいなもがある。

これは製法そのもの違いか、アルミの素材?質量?などが違うのか、単に現代技術と旧技術の差なのか。


重さは、手に持った感じはどちらも同じ。
ただ、ドライバーなどで叩いてみると、ユーロモト製は「コンコン」で、バレオが「トントン」と少し違う。

ということで、あくまでイメージ、感覚でしかないですけど。。。
このオリジナルバレオのカバーは、少なくとも製造から20年以上割れなかったから今ここにある、という実績はあるわけで、今回の新品ユーロモト製のセルに、オリジナルバレオの旧カバーを採用しましょう!

ギヤにグリースアップし、カバーロックのネジにスレッドロック剤を塗って---

f0310771_21463188.jpg



できあがりw
週末?平日深夜?の作業で復活ですな。

f0310771_21472728.jpg


あれ、やっぱり機構は新しい個体を使うのねw
根性無しw






Twitter ID Bonne38 (記事更新をツイートしてます)


WP SUSPENSIONダブルピー/プロラインフォークスプリング

WP /フォークスプリング


OHLINSオーリンズ/リアサスペンション

OHLINS/リアサスペンション


WP SUSPENSIONダブルピー/4014 モノショック EMULSION (タンク無し)

WP/リアサスペンション(タンク無し)


NOLOGYノロジー/ホットワイヤー(1台分セット商品)

ノロジー/ホットワイヤー(ブラック)




バイク用品&インプレッションウェビック



にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

by moto-rs | 2014-12-16 21:55 | メンテナンス | Comments(4)

Commented by k072 at 2014-12-16 23:49 x
セルは重要ですから、試す時間がないかぎり自分も同じ選択だと思います。
因みにデンソーモータのセルのカバーあたりどうなんでしょう?
Commented by spoon30 at 2014-12-17 07:38 x
後は取り付けて始動‼︎寒い中作業するのも大変ですよね。新品セルモーター届くのはや。
Commented by moto-rs at 2014-12-17 20:58
k072さん、デンソー欲しい(笑)
でも高いですね〜
ま、その値段に結局なりましたが^_^
多分、そもそも形が少し違うんじゃないかと。メーカー違いますからね。。どうなんだろう。
Commented by moto-rs at 2014-12-17 21:01
spoonさん、セルは国内調達なんで早いですね。ポチった翌々日には手元に。
新品にするのは微妙なところですが、シャチは通勤快速なんで、道中トラブる訳にもいかないので^_^