人気ブログランキング |

いじれない、乗れない日々は、考える時間です

あたりまえですが、仕事しているので、平日昼間はイジれないし乗れません。。。

W杯 アルゼンチンvsドイツ戦に匹敵する延長戦後半にもつれ込んだシャチ号の故障。
ここまでの症状発生時とその時の車体の状況をメモしておきます。


------------------------------------------------
納車時:2013年11月。102500kmの状態。
レギュレーター、IGコントローラー、IGコイル、プラグコード、ダイオードボード、オルタネーター一式等の、電装系は純正そのまま。(前オーナーによる交換歴は不明)



3000kmほど走った頃に、充電機能促進のためにレギュレーターをスタンダードの赤箱からハイアウトプットな黒箱へチェンジ。ほぼ同時期あたりに、これも機能強化のためダイオードボード〜オルタネーター間の配線一式を強化品に交換。その際、ダイオードボードのマウントをメタル化。
ほか、プラグコードをホットワイヤーに変えたり、イリジウムを何度か変えたり。


以後、1万キロを電気系ノントラブルで過ごす。



■症状初回
一ヶ月前、高速道路走行中、GENランプが気まぐれに うす〜く点灯する。その日の60kmほどの走行中、3度/20秒ほど。少しすると勝手に消える。アクセルONOFFで消える事もあったり。点灯と同時に電圧計の指針も下がる。薄い時は14v→13v前後に、真っ赤に点灯した時は11v前後まで下がる。消灯時は正常充電。

■対策
以前に交換した黒箱レギュレーターを疑い、エンデュララスト製のレギュレーターに交換。
同時に、イグニッションコントローラーもエンデュララスト製に交換。

症状は変わらず。

これらとは別に、同時期に夏場対策でセルモーターをエンデュララスト製に交換。
配線関係はそのまま。

■対策2
次にダイオードボードを疑い、エンデュララスト製の強化品に交換。
同時にオルタネーターのブラシを新品に交換。

症状変わらず。


■症状2回目
だましだましナイトランで乗っていると、先日ついにその日が来る。
今までと同じように、気まぐれにGENランプが薄く点灯する。
そして今度は、タコメーターの針がGEN点灯と同時/同時間で、フワッと跳ね上がる。
エンジンの回転は変わっていない。計器だけが妙な動きをする。

脳内危険信号を感じ、とっとと帰路につく。
自宅付近の信号待ちで、いきなりエンスト。ストンっとキルスイッチで回路カットしたかのように。
エンスト寸前は、アイドリング回転が落ちるのでGENランプは当然点灯するので、GEN点灯症状とエンストが関係しているのかは不明。これが、その日に3回ほど起きる。

1回目:信号待ちアイドリング時
2回目:発進クラッチミート時
3回目:2500rpmあたりで走行中に失火→回復→失火


いずれも、すぐにセルは回り再始動させた。
特にバッテリーが弱っている感じはない。セルは何度でも元気に回る。

しかし、走行中GENランプが再び点灯しはじめると、失火の前ぶれを感じ、案の定失火。エンストする。
ちなみに全てにおいて、症状が出ていない時は全機能が快調。同調も、点火も、回転もスムーズ。



■悩むmotoくん

ここで考える。。

失火=IGコイルの故障を疑う。
が、仮に一瞬充電機能を失ったとしても、IGコイル機能に影響はないはず。
GENランプ消灯時はしっかり充電されているので、バッテリー電力も十分ある。
数回の再始動→失火によるプラグカブリも考えたが、プラグ状態に失火するような問題点はない。
しかし、GEN点灯症状の延長線上で起こったため、要因に因果関係あるのは間違い無い。

モノはついでだと、IGコイルを新品に交換。(未試走)
併せて、オルタネーター(ステーター側)をテスターで導通チェックし、正常に導通確認。
ローター側のスリップリング間の導通チェックは未確認。(あやしい・・・)
ストンと失火する症状から、キルスイッチとイグニッションキー部の配線も確認したが、特に接点不良なども見当たらない。

もしもステーターコイルや未確認のローターコイルの導通に不具合(振動などによる接点不良)があったとしても、それが要因でストンとエンストをするだろうか。ここが、電気オンチなmotoには全く理解不能な部分である。(ここだけじゃないけどw)


これらの因果関係を考える。(もとい、考えた風)

仮に未着手のオルタネーター本体に不具合が合った場合、IGコントローラー等に負荷がかかり故障、もしくはIGコイルに影響する可能性があるのかどうか?

同じく、オルタネーターやIGコントローラーの不具合が、点火タイミングを決めるイグニッショントリガーに影響し、IGコイル機能に障害を及ぼす可能性があるかどうか?

このあたり、さっぱりワカマセンw 詳しいかたいらっしゃったら教えてください。。。


いずれにせよ、オルタネーターのコイルが完全に断線しているのであれば、テスターチェック以前に充電機能を失うので、充電可能回転数に達しても、GENランプは消えず充電しない=バッテリーが上がるはず。GENランプの正常点灯(アイドリング時)すらしない事もあるようで。

一応、審判の日から2日間放置したバッテリー電圧をチェックしたが、12.52vある。正常です。



皆様から頂いたアドバイスや見解をまとめると、コイル断線が原因だった場合は、完全断線ではなく、断線しかけ、もしくはコイルからの端子への接点不良という事か。
しかし接点不良の場合、停止時にテスターチェックしても数字に出ない事がありえる。ステーターはそうだった。


ということで、残るローター含め、こりゃ部品ごと交換して試走して確認するほか、確実な方法が無い(泣)

でも失火との因果関係は、不明なままですが。。。。

IGコイルは新品交換したので、次はローター確認で必要に応じて交換です。
それでもまだ失火するようなら、やはりそこに因果関係があるという事だ。



あり、考えただけで終わってしまた(汗)






Twitter ID Bonne38 (記事更新をツイートしてます)


WP SUSPENSIONダブルピー/プロラインフォークスプリング

WP /フォークスプリング


OHLINSオーリンズ/リアサスペンション

OHLINS/リアサスペンション


WP SUSPENSIONダブルピー/4014 モノショック EMULSION (タンク無し)

WP/リアサスペンション(タンク無し)


NOLOGYノロジー/ホットワイヤー(1台分セット商品)

ノロジー/ホットワイヤー(ブラック)




バイク用品&インプレッションウェビック



にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村

by moto-rs | 2014-07-18 12:30 | メンテナンス | Comments(2)

Commented by jq1ocr at 2014-07-18 18:42
充電系というよりいずれかの負荷が短絡してるような気がしますね.ヒューズが切れてないとすれば,それより手前ということになるでしょうが,配線図があれば,もしかしたら何か思いつく「かも」?
Commented by moto-rs at 2014-07-18 19:51
jq1ocrさん、とりあえず部品交換してみてですね。今晩ローター外してチェックです。