AGV K-3 フルフェイスヘルメット

バカでかいカウルによって向かってくる風から守られているR100RS。
と、思いきや、そのデカさからか、カウルを抜けた風はかなりの流速を蓄えて抜けてくる。

ライダーの身長や体格にもよるが、僕の場合はちょうどジェットヘルメットのシールドの切れ目にその風がドンピシャで当たり、シールドがブリブリとバイブレーションする風鳴りを起こす。

少し背筋を伸ばして顔をカウルの上に出してやれば収まるのだが、高速巡航でそれを続けているのも楽なことではない。しかも顔は上を向いているので首がすこぶる寒い。

これは、フルフェイスなら解決するのだろうかと思い、先日ネットショップで在庫処分特価で投げ売りされていたAGVの廉価版フルフェイスヘルメット K-3を手に入れた。

f0310771_22215697.jpg



AGVといえば、往年のレーサー、ケニー・ロバーツやバリー・シーンの愛用メーカーであり、今ではあのサーキットのオシャレ番長、ロッシの愛用ヘルメットである。彼は日替わり?でヘルメットデザインが変わっているような(笑)

f0310771_2247172.jpg


日本人の頭にあったものと言えば、ヘルメット世界シェアを牛耳るアライとショウエイには絶対かなうまい、とは今でも思うが、なんとなく、どうせ買うなら個性の効いたものが良いと思ってこれにした。

ドイツ車イタリアのヘルメットをかぶって日本人が乗る。
まさに第二次世界大戦、日独伊三国同盟(笑)

デザインはいわゆる昨今のショウエイのシェイプと似たり寄ったり。
側面から後頭部に流れるエッジが唯一の特徴かな。

f0310771_22275475.jpg



で、インプレ。
かぶり心地は個人差があるので詳細は割愛。
僕にはまあまあ。少し昔のアライっぽいフェルト的内装。いかにも廉価版的。

肝心のRSのカウルとの相性といえば、確かにブリブリする風鳴りは多少なり軽減した。
しかし、シールドを締めると周囲の音が何も聞こえなくなる。。。

そして久しぶりのフルフェイス。あまりの視界の狭さにストレスが倍増(汗)

市街地走行では多用しまくる目視確認時など、オープンフェイスのジェットヘルメットに比べ左右後方の有効視野角の狭さが少々安全性にかける。

常識速度域の高速巡航なら、快適に使えるのかもしれないが、それなりの速度を出した時にヘルメットが受ける風圧はジェットヘルメットと大差なく、首がグイグイ振られた。


こりゃ、やっぱりジェットが一番ニーズに合ってるかなあ(汗)


今日明日は都内でシンガポールのスタッフとコマーシャル撮影。
今まで何度か現場をともにしているシンガポール人のカメラアシスタント君。

f0310771_22402168.jpg


良いヤツです。ほんと、良いヤツです。

シンガポールに以前行った時は、トライアンフ(ストリート・トリプル)がウジャウジャいました。
しかもどれもフルカスタムで渋滞の中をシグナルGPしまくりの狂ったライダーばかりですw
昔少し通った土曜の夜の第3京浜を思い出しますw


今週末は、また空いた時間でRSメンテだ。




にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

# by moto-rs | 2013-11-21 22:48 | 雑記 | Comments(0)

R100RSの燃費って?



我がシャチ号の燃費ってどれくらいなんだろう。

納車の喜びと、乗り回し、イジリ回しに浮かれてばかりで、そういや燃費の事をまるで気にせずに1週間が過ぎていた。。。。

で、今朝、トリップメーターが200kmだったので、通勤前に給油。
前回の満タン給油から、200km走行で、朝の給油では15リットル入った。


200km ÷ 15L = 13.3km   ※これがキャブ調整前。


一般道(渋滞あり)70%、高速30%です。
カタログ数値では平均燃費 20kmくらい? 比較にならないくらい悪いですな。。。


f0310771_2395825.jpg



で、日曜日にせっかくキャブをメンテ/調整したので、ここらで燃費を測ってみようと思う。

次も200kmで給油しよう。
さて、次回給油では何リットル消費しているだろう。

カタログ数値は、ドイツのアウトバーンでの計測??くらい高速巡航を主に計算しているのだろうから、日本での環境とは違うけど、せめて平均15kmくらいはいきたいものです。

まあ、それにはエンジンの調整とか、全てが関わってくることだけど。

f0310771_23172530.jpg





にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

# by moto-rs | 2013-11-19 23:19 | 雑記 | Comments(14)

Bingキャブのメンテ&リペア

昨晩あたりから、それなりな感じで風邪ひきました。。。。。

とはいえ今日は予定外にお休みになり、配偶者達も不在、外はポカポカ陽気。
これは願ってもないバイク日和です。

時間に追われずにゆっくりバイクいじりできるので、ゴホゴホ言いながらBingキャブレターのメンテナンスをした。

f0310771_18563767.jpg


今月頭の納車時から、高速域でのスロットル開度のビミョーなムラを感じ、こりゃあスプリングか、ダイヤフラムの劣化か、ジェットニードルか、と思い、早速直すべ!と、UKのMoto-binsよりキャブレターリペアパーツを既に取り寄せてあった。

f0310771_19283598.jpg



このほかにダイアフラムとスプリングも。リペアパーツ一式ではあるが、物事には順番ってのものがある。今回はキャブの上側だけを確認することに。

スロットルワイヤー/チョークワイヤーを外し、若干固着したトップキャップをプラハンマーで叩いて抜くと、スロットルバルブまで一緒に抜けてきたw(ダイヤフラムがくっついている)

f0310771_1935076.jpg



ダイアフラムとトップキャップの固着をペロッと剥がすと中にスプリングが見えます。

f0310771_1975562.jpg



ダイアフラムをチェック。ありました、やはり破れてます。

f0310771_199457.jpg


負圧式キャブレターであるコイツは、エンジン内からの負圧によっってスロットルバルブ(ダイヤフラム&スプリングで制御)が上下する。小さな穴だったので断続的なアクセルワークではあまり気にならないが、一定の開度で走っていると、ダイアフラムにこんな穴があれば、エアが抜けてフワフワする。スプリングがへたっていても同じようにフワフワする。穴の開いた気球が右往左往して飛んでいるようなもの。


スロットルバルブごと、分解清掃です。

f0310771_19174749.jpg


f0310771_19224937.jpg


ダイアフラムの新旧。白く粉吹いているのがNEW。

f0310771_1919531.jpg



スプリングは、新品とくらべると反発力を失い長さが全然違ってた(笑)

f0310771_19215133.jpg



ニードルも痩せてます。右が今まで使用していたもの。左が新品。
古い方は真ん中あたりからテーパーがきつくなって先細りしてます。

f0310771_19254025.jpg



ニードルホルダー?も新品に交換。

f0310771_19273156.jpg


スロットルバルブの煤も磨いてキレイに。

f0310771_19291068.jpg



ダイアフラムの縁にある凸を、スロットルバルブの凹に合わせて組み込む。

f0310771_19304813.jpg



キャブ本体のトップキャップ接面は、以前のゴムな汚れの固着があったので、スクレーパーで除去してフラットに。異物がキャブ内に貼らぬよう詰め物。

f0310771_19325043.jpg



スロットルバルブ一式をキャブ本体に組み込み。

f0310771_19351568.jpg



ここでもダイアフラムの上側の凸をキャブレター本体の凹に合わせる。
ここにしっかり合わせないと、バルブの口が明後日の方向に向いてしまう(と、やりながら理解したw)

f0310771_19385459.png



トップキャップのネジも腐食を真鍮ブラシで取り除いてから。

f0310771_19411147.jpg



トップキャップは今までの限定メッキじゃなくw スタンダードのアルミ地のものを新品で。
つまりドレスダウン??w
f0310771_19425038.jpg



完成!!

f0310771_19435159.jpg



キャブは組み込み完了したが、この作業で一度スロットルワイヤーを外して、また組み込んでいます。
燃調に関わるミクスチャースクリューには触れていないので、今回はとりあえず左右ワイヤーの引き率のみ再調整(同調)しなくてはいけません。

同調に使用するのは、ボンネビルでも使っていた負圧式キャブレター用のバランサー。
ツインマックス。

f0310771_1947997.jpg


2つのキャブ底面の負圧取出口のメクラネジを取り、バランサーに繋がるバキュームホースを繋ぐ。

f0310771_19482669.jpg



バランサーをセットアップして、エンジンをかけアイドリングを安定させる。
バランサーに現状の左右バランスが指標される。ゼロポイントが同調ポイント。

f0310771_19505327.jpg


この時点で、少しアイドリングが高すぎていた。
同調は、基本的には片側にある程度の目安をつけてから、もう片方をいじる(のはず)

まずは片側キャブのアイドルスクリューをマイナスドライバーで回しながら、ストール手前で、ある程度振動の少ない場所までアイドリングを下げる。当然、左右のバランスは更に悪くなる。

次にもう片方のキャブのアイドルスクリューを調整、先ほどの片方と同じところまで下げてみる。
徐々にアイドリングの安定感が増してくる。

ここからは左右を交互に微調整しながら、バランサーのゼロポイントを目指す。
アイドリングを900rpm前後に、更にキャブの微振動を頼りに、一番無駄な振動がないところまで調整。

同調とれました!!。。。。。たぶんね、なんとなくね(汗)

f0310771_1956884.jpg


前の状態よりも、アイドリングで無駄にガタガタしなくなってきました。
これで少し乗ってみて、また今度ミクスチャースクリューも調整してみます。


あとは昨日のオイル交換時にオイルパンを外してガスケットを変えてからすぐ通勤で走り、1日たって締め付けトルクに緩みが出ているだろうから増し締め。やっぱり緩んでました。

f0310771_1959952.jpg



最後にちょい少ないかな?と感じたエンジンオイルとミッションオイルを少しだけ足す。
ギアでスロットルを制御しているRS、そのスロットルギアにもグリスアップ。

風邪であまり走る気にはならなかったが、キャブの調子を見に近所のナップスまで走る。途中、エンジンが完全に温まったところで何度かアイドリング&同調をその場でしなおし、完調に♪
以前より静かでなめらかになってきた(ような、、、気がする)

ナップスで、ついついお買い物。

f0310771_2014319.jpg



Moto-binsからも紙製のガソリンフィルターを購入したけど、似合わなかったw


これでRSは全てのオイルも入れ替え、キャブもリペア&調整。
内蔵類はだんだんと健康になっていく。

今度は関節まわりのリフレッシュ。Fスプリングやら、ベアリングやらに着手だ。

あ〜〜相変わらず歪みでジャダーするディスクローターも変えなきゃ。。。

f0310771_208136.jpg




そうそう、motoのもと愛機、ボンネビルの仲間は既にご存じかと思われますが、元moto(ややこしぃ)のボンネビルは、無事こちら養子でもらわれていきましたw

たっしゃでな〜www

って、新居はmoto邸から1km以内ですけど(笑)




にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

# by moto-rs | 2013-11-17 20:25 | メンテナンス | Comments(9)

R100RS 初オイル交換 ★ 後編 「注入!」

R100RSのオイル交換 前編の続き

8時起床。今日は土曜日だが午後から仕事が入っている。
昼過ぎまでには作業を終えないといけない。とっとと準備して、9時前から作業開始。

昨日(今日未明?)までの作業で各部ドレンを開放しておいたので、4箇所のオイル(エンジン/ミッション/シャフト/デフ)はもう完全に抜けている。

オイル交換の前に、サイレンサーをチェンジ。ブラケット部から錆が進行しいずれ朽ち果てる事が予想されるサイレンサーを純正の中古美品にチェンジ。この作業に思いの外、時間をとられる。。。


慣れない車体に加え、時間に追われての作業のため、あまり写真とれず。。。

オイルパンのボルトからのオイル漏れがあったので、まずはボルトをパーツクリーナーでつけ置きもみ洗い。

f0310771_17322562.jpg



そして全てのボルトにスレッドシーラント(テープタイプ)を二巻き巻いて、昨晩外して磨いたオイルパンを取付。昨晩剥がれなかったガスケットは今朝あっさり取れた。パキンパキンでしたw

f0310771_17214717.jpg


紙ガスケットにも念のため液体ガスケットを併用して薄く塗っておいた。オイルフィルターを入れてサーモスタットのパッキンを新品にし装着。

4箇所の排出&注入ドレンボルトは、Moto-binsから取り寄せたステンレスタイプに全て変更。

f0310771_172368.jpg



全ての排出ドレンボルトが締まっている事を確認。オイルを注入していく。

選んだオイルは以下の銘柄。

---------------

エンジンオイル = EPLオイル PLO-BM 20W-50/PL500配合 2000km/毎

ミッション/シャフト/デフ オイル=EPLオイル PLG-80L / 75W-90
6000km/毎


-----------------

エンジンオイルのPLO-BMは空冷BMW専用に開発されたもの(らしい)
共にノースウィングJCEPLの共同開発品。

f0310771_1729755.jpg




まずデフオイルを注入。0.35 L
ギアオイルって硬いのねー。

f0310771_17253494.jpg



次は隣のシャフトオイル。0.15 L
口が細いので先細のチューブが必要。

f0310771_17255595.jpg



真ん中のミッションオイル。0.8 L
真横に入れるってスゴイな(笑)口から溢れたら終了?(らしい)

f0310771_17262390.jpg



最後にエンジンオイル。2.4 L

f0310771_17304582.jpg



ドレンのトルク管理は重要ですね。次回緩まなくなったりするしw

f0310771_17363537.jpg



全てのオイル交換を終え、エンジンガードとアンダーカウルを戻し、エキパイを取付。
なんとか13:30くらいに作業終了。

f0310771_1738921.jpg



もーダッシュで都内へお仕事へw

お〜〜なんだかフィーリングが少し軽くなったよ。
エンジンオイルはもう少しだけ入れても良さそうな気も。

f0310771_17431657.jpg


EPLのオイルは、ボンネビルの時からずっと愛用していました。
使ってすぐに効果もあるが、長く使うことでどんどんエンジンコンディションが整っていく。
2年と8ヶ月、全走行4万キロの間にボンネビルにEPLを入れ続け、距離が出るほどエンジンが良くなるという、疑いようのない効果を体験済み。

よくある「継続使用が効果的」っていう偽漢方薬商法みたいに聞こえるかもしれないけどww
このEPLは間違い無く「継続使用」の効果スーパー大。

しばらくしてこのEPLオイルがこのエンジンに馴染んでくると、どんどん気持ちよくなっていきそうで楽しみ。


オイル交換 前編はこちら。



って、お仕事中のブログアップはいかんですな。。


f0310771_17561612.jpg



おしまい。


にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

# by moto-rs | 2013-11-16 17:58 | メンテナンス | Comments(11)

R100RS 初オイル交換 ★ 前編 「抜く」

明日(今日になっちまった)の土曜日はお昼まで仕事が休める!

ということで、おそらく何かと四苦八苦するであろう事が予想される、R100RSで初めてのオイル交換を明日午前中までに済ませるために、今晩のうちにオイルだけは抜いておこう!


深夜0:00分、作業開始!


これが。。。大変だ。。。。った。


まずはセオリーどおりエンジンオイルのドレンを外して排出。

きたない!!!まっくろだ!

f0310771_3445557.jpg



今回は納車前の前オーナーによるオイルの管理状態が不明だったので、今回からを交換サイクルの基準とするべく、オイルフィルターも全とっかえ!

オイルフィルターはサーモスタットの中。
サーモスタットを外すには、RSのエンジンを剥き出しにしなくてはならない。

真夜中にブルブル震えながら。。。

エキパイ外し。。。
フロントアンダーカウル外し。。。
エンジンガード外し。。。
右アンダーカウル外し。。。

f0310771_346298.jpg


やっとこさ、オイル交換作業エリアに到着。。。

これ、オイル交換(フィルター含)の度にまたやるのか。。。マジですかい。。。

メンテ機能に長けたR100シリーズのはずだが、このエキパイとエンジンガードを外さないとカウルが離脱できないという部分については、なんともビミョーな整備性ですよ。。


オイルフィルターにアクセスするためサーモスタットを外し、オイルクーラー内のオイルも出来るだけ抜く。

f0310771_351615.jpg


出現した穴からオイルフィルターを抜き出す。
きったねーーー。。。。

f0310771_35229.jpg


そしてオイルパンのボルトから盛大にオイル漏れしているので、ものはついでだ、ガスケットも購入した事だし、オイルパンも外してしまえ!!

f0310771_354742.jpg



オイルパン底はスラッジも溜まっていない。けっこうキレイですな。

f0310771_3552644.jpg



あり??ガスケットがない?? この黒いのはメタルガスケット? 明らかに金属。くっついている。
外れそうにないけど。。。これに紙ガスケット重ねるのか? わからん!! 教えてください!

f0310771_3562559.jpg



続いてデフオイル&シャフトオイルを抜く。これは簡単、下部の排出ドレンを抜くだけ。
奥がデフオイル。手前がシャフトオイル。

f0310771_3575353.jpg


これはまあまあキレイだった。変えたばかりかな? 色的にはモチュールかな。


そして最後にミッションオイルだ。
排出ドレンを探す探す。。。数年前に大枚叩いて買ったモンクレールのダウンで地面に這いつくばる罰当たりなmoto。

あった! さあ、抜けてこい!ミッションオイル!

f0310771_40361.jpg


ひぃぃぃ〜〜〜〜〇×▲□〜〜〜

きもちわる〜〜〜〜


なんですかこれは!!!

f0310771_4342.jpg


覚醒失敗した巨神兵か!

f0310771_444915.jpg



この恐ろしい状態のミッションオイルは抜けるにもかなり時間を要する。
オイル交換前の てっぱんメソッドである、エンジン始動〜オイル暖め〜柔らかくをしなかったので、今夜は全てのオイルのドレンボルトを開けっぱにして、廃油受けおいて朝まで放置プレイします。

f0310771_4112766.jpg



オイルまみれになったmotoは、同じくオイルまみれになったオイルパンと一緒お風呂へw

f0310771_4131049.jpg


洗いまくって磨きまくって、、、これが限界。。。
面取りも丁重にペーパーがけして出した。

f0310771_4144847.jpg


f0310771_416589.jpg


よし、4時間後、起床!! 作業再開だ。



おやすみなさい!



後編 へ続くーーーー






にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

# by moto-rs | 2013-11-16 04:29 | メンテナンス | Comments(6)