R100RS 初オイル交換 ★ 前編 「抜く」

明日(今日になっちまった)の土曜日はお昼まで仕事が休める!

ということで、おそらく何かと四苦八苦するであろう事が予想される、R100RSで初めてのオイル交換を明日午前中までに済ませるために、今晩のうちにオイルだけは抜いておこう!


深夜0:00分、作業開始!


これが。。。大変だ。。。。った。


まずはセオリーどおりエンジンオイルのドレンを外して排出。

きたない!!!まっくろだ!

f0310771_3445557.jpg



今回は納車前の前オーナーによるオイルの管理状態が不明だったので、今回からを交換サイクルの基準とするべく、オイルフィルターも全とっかえ!

オイルフィルターはサーモスタットの中。
サーモスタットを外すには、RSのエンジンを剥き出しにしなくてはならない。

真夜中にブルブル震えながら。。。

エキパイ外し。。。
フロントアンダーカウル外し。。。
エンジンガード外し。。。
右アンダーカウル外し。。。

f0310771_346298.jpg


やっとこさ、オイル交換作業エリアに到着。。。

これ、オイル交換(フィルター含)の度にまたやるのか。。。マジですかい。。。

メンテ機能に長けたR100シリーズのはずだが、このエキパイとエンジンガードを外さないとカウルが離脱できないという部分については、なんともビミョーな整備性ですよ。。


オイルフィルターにアクセスするためサーモスタットを外し、オイルクーラー内のオイルも出来るだけ抜く。

f0310771_351615.jpg


出現した穴からオイルフィルターを抜き出す。
きったねーーー。。。。

f0310771_35229.jpg


そしてオイルパンのボルトから盛大にオイル漏れしているので、ものはついでだ、ガスケットも購入した事だし、オイルパンも外してしまえ!!

f0310771_354742.jpg



オイルパン底はスラッジも溜まっていない。けっこうキレイですな。

f0310771_3552644.jpg



あり??ガスケットがない?? この黒いのはメタルガスケット? 明らかに金属。くっついている。
外れそうにないけど。。。これに紙ガスケット重ねるのか? わからん!! 教えてください!

f0310771_3562559.jpg



続いてデフオイル&シャフトオイルを抜く。これは簡単、下部の排出ドレンを抜くだけ。
奥がデフオイル。手前がシャフトオイル。

f0310771_3575353.jpg


これはまあまあキレイだった。変えたばかりかな? 色的にはモチュールかな。


そして最後にミッションオイルだ。
排出ドレンを探す探す。。。数年前に大枚叩いて買ったモンクレールのダウンで地面に這いつくばる罰当たりなmoto。

あった! さあ、抜けてこい!ミッションオイル!

f0310771_40361.jpg


ひぃぃぃ〜〜〜〜〇×▲□〜〜〜

きもちわる〜〜〜〜


なんですかこれは!!!

f0310771_4342.jpg


覚醒失敗した巨神兵か!

f0310771_444915.jpg



この恐ろしい状態のミッションオイルは抜けるにもかなり時間を要する。
オイル交換前の てっぱんメソッドである、エンジン始動〜オイル暖め〜柔らかくをしなかったので、今夜は全てのオイルのドレンボルトを開けっぱにして、廃油受けおいて朝まで放置プレイします。

f0310771_4112766.jpg



オイルまみれになったmotoは、同じくオイルまみれになったオイルパンと一緒お風呂へw

f0310771_4131049.jpg


洗いまくって磨きまくって、、、これが限界。。。
面取りも丁重にペーパーがけして出した。

f0310771_4144847.jpg


f0310771_416589.jpg


よし、4時間後、起床!! 作業再開だ。



おやすみなさい!



後編 へ続くーーーー






にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

# by moto-rs | 2013-11-16 04:29 | メンテナンス | Comments(6)

RSに ETC取付&配線図

通勤快速を名乗るシャチ号に、本日ようやくETC車載器の配線作業、仕上げをした。

あ、自己責任でw

f0310771_083536.jpg



車載器は、ヤフオクでセットアップ済みのJRM-11を購入。

f0310771_2340454.jpg



先日、タンクを外した時にレイアウトは考えていたけど、配線作業に至る前にタイムアウトし後回しにしてしまっていた。今日ようやく重い腰を上げて、お昼休みにちゃちゃと。


本体はシート下の小物入れにサクッと。※写真は先日の拡大。

f0310771_23444173.jpg


この入れ物便利だ! ボンネビルにはスペース皆無でした。。


大キライな配線! は、ETCからのマイナス線はバッテリーのマイナス端子へ。
プラス線は、どこにしようか散々迷い(RSの電気が良く分からないから)、どこかのRS乗りの先人ブログで見かけた、タンクブラケット付近にあるAcc?用の水色のカプラー(空きカプラー)を利用。どうやらこのカプラーの緑/黒の線がイグニッションONで通電する配線らしい。そこにプラス線を割り込み分岐で連結。

f0310771_23503381.jpg


配線した写真は撮り忘れた。。。


配線図(ってほどのもんでもないが)はこんな感じ。
あ、自己責任でw

f0310771_2354970.png



小物入れには最初からこんな配線逃がしの切り込みがあった。
前オーナーが拵えたのかな? 純正?

f0310771_23521913.jpg



無事取付完了w
アンテナとインジゲーターはメーターケース上に。フロント周りをバラすのにメーターは良く外すことになるので、両面じゃなく強力ベロクロで取り外し可能に。

f0310771_23551085.jpg



配置場所が透明スクリーンより低く、前方はカウル(メーター部分)に隠れてしまっている。
イメージ的には、これでアンテナ感知は大丈夫か??と思ったが、おそらくETC電波のレーダー照射は、上から狙っているはず、と思い、この位置に。

結果、首都高も東名も全く問題なし。ゲート開きましたw


夜間、ヘッドライト-ON、ブレーキ-ON、ETC-ONで12.1v /1000rpmくらい。

f0310771_2358359.jpg



節電必須なバイクのため、電気グッズはこれで終了!!


冬の都会には、なぜかシャチが似合います。

f0310771_0102610.jpg




にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

# by moto-rs | 2013-11-15 00:14 | カスタム | Comments(12)

Moto-binsからリペアパーツいっさいがっさい

待ちに待ったMoto-binsに頼んであったRSのリペアパーツが、昨晩UKより届いたみたい。

f0310771_23304893.jpg



まるでラブレターのごとく不在通知表を胸にかかえ仕事帰りに郵便局へ引取に♪

f0310771_23482524.jpg



注文してから8日間で届いた。早い。

クリスマスプレゼントをもらった子供のごとく、ワクワクしながら開封♪

f0310771_22511431.jpg



わーいわーいwww 広げちゃえ〜〜w
我が配偶者たちがこれを見ても、何がわーいわーいなのかさっぱりわからんだろうw

f0310771_22553358.jpg


ジェット類やらスプリングやらのキャブレターリペアパーツ一式。
ダイアフラム/ガスケットは別途入手済み。スプリングチェックは近々着手しよう。

f0310771_22572168.jpg



おされデザインなフューエルフィルター。今のモノはだいぶ古いので交換。

f0310771_22581517.jpg



各部のステンレス製ドレンボルト&パッキン/オイルフィルター/オイルプレッシャースイッチ。
EPLのオイルはNWJCさんより入手済み。やっと全部オイル交換できます。

f0310771_22592241.jpg



フロントフォークOHのシール類/ガスケット類。これでWPのスプリングが来れば作業できる。

f0310771_2303645.jpg



フェアリングゲイター(フォークのブーツ)を新鮮なのにチェンジ!
今のは完全に破れてしまっている。まあ、いずれまた破けるのだろうけど。。。

f0310771_2353346.jpg



Bingキャブレターの上蓋。ピカピカっす。。今ついているのは限定メッキ仕様の蓋。
なんとなく、モノのついでにスタンダードのものを手に入れておきたかっただけ(汗)
なんかコイツが一番高かったかもw

f0310771_2374755.jpg



と、これら全部で303(英)ポンド。日本円で48000円。
これに送料が8000円くらいした。。。。たかい・・・・・・。
通関手続き・関税が1500円。

合計 57500円ほど。

部品点数は55。

国内でこれらを手にれると、およそ80000円くらいかな?

個人輸入は一つ一つでは少々高くついてしまうが、今回は大人買いしたので、そこそこ良い買い物ができた。当分はこれで遊びます。

f0310771_23292363.jpg



何もこんなにいっさいがっさい揃える必要もないだろうって感じだが、ここのところ週末関係なく仕事が立て込んでおり、いつ何時にメンテに入れるか予定がたたない。そこで、突然、「今だ!」 ってのが訪れた時のためにスタンバイモードに(笑)←言い訳


まずは時間ができたら各部のオイル交換。
それとキャブのダイアフラムとスプリングを早々にチェックだ。

f0310771_23262867.jpg



今日もシャチ君は元気に通勤快速してくれました。先日換装した公用車レギュレーターのおかげか、渋滞など昼間から常時ライトON状態でもアイドリングで12.5vキープ。電圧は安定してます。

f0310771_23394613.jpg



あー早くまる1日、いや2日。。。こいつをメンテしたい。。。。




にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

# by moto-rs | 2013-11-13 23:51 | メンテナンス | Comments(9)

RSに非・自動戻りサイドスタンドを採用

出勤前のちゃちゃっとバイクいじり。
これもまた、BMWオーナーにはお馴染み(らしい)定番?カスタム。

自動戻りサイドスタンドの装着。

f0310771_1145271.jpg



BMWビギナーには聞き慣れない部品名ですが、その名の通り「自動で戻らない」サイドスタンド。
これまた、わざわざなパーツですが、Rシリーズ(なのかどうか知らないが)のサイドスタンドはロック機構がないので、スタンドが地面から浮くと勝手にスタンドが戻る設計。
 
※前方にあるのが純正の自動で戻ってしまうサイドスタンド(取り外しが難しい。。。)

水平対向のRシリーズエンジンは、基本的にはセンタースタンド立てが原則(らしい)
というのも、例えばサイドスタンドによって左側に傾いた状態で長時間(長期間)駐車していると、左側に偏ってエンジンオイルは流れ落ちる。そうすると、当然のように右側のシリンダー内にはいずれオイル潤滑が無い状態になる。(らしい)

f0310771_10194854.jpg




さほど長期間でなければ良いが、この状態が長期間続いた後にいきなりエンジンかけると、オイル潤滑を失った右側ピストン&シリンダーは当然、十分な油膜が無いので摩擦によってダメージを受ける。そのため、焼き付き症状の多くは右シリンダーのケースが多い(らしい)

ということで、なるべく普段からセンタースタンドで駐輪するわけだ(たぶん)

1日の走行で、ガススタやらコンビニやら、しょっちゅう止めたりするニッポンのバイク乗りにとってはメインとなるのはサイドスタンド。むしろセンタースタンドなんぞオプション扱い。

しかし、長距離を走るジャーマニーやUSAにとってはサブ(おまけ)的なサイドスタンドは、たまにしか使わないから、収納忘れ防止にしといてやるべ!!的な発想なのかなあ。。。

お値段は18999円。(ヤフオク価格)モノサス用、ツインサス用と別々の設計。
作りは申し分なく頑丈そうです。フィッティングは付属のロングボルトでステップの裏側に共締め&サブフレーム補強部分(タンデムステッププレート)の2点留め。

ちと高いが。。。
最初は純正の自動戻りサイドスタンドでやっていたが、確かにかなり不便です。
そもそも駐輪したい場所が平坦な所とは限らないのが実情。センタースタンドだと危険なほど傾いたりする場合、やはりサイドスタンドの出番なのだが、そのサイドスタンドを立てるにも、バイクを直立(もしくはそれ以上逆にバンク)させる必要があるので、降車後のサイドスタンド出しは、あっち側にバイクが倒れないよう、恐る恐るやる事になる。

しかも純正は傾斜度が浅いので、ちょっとバイクを起こしただけで、パカンッ!!とスタンドが戻ってしまう。そしてやけに前方に(エンジンを支えるの支点)にあるので、乗車体制でスタンドを出すことが事実上困難。

これは普段は降車してから右足で出せば良いのだけど、キャンプ道具満載とかで降車する際には、右足を大きく振り上げないと足が荷物を越えられず、バイクを支えるバランスも悪いし、万が足が一荷物にぶつかったりしたら、そのまま倒れてしまう恐れもあるでしょう。

てなわけで、これは必須です。

傾斜角度は適度でグッド。

 

f0310771_1231876.jpg


f0310771_124248.jpg



しいて難点を言えば、純正の自動戻り式がフレームダウンチューブに沿ってぴったり収まるのに対し、この非自動戻りサイドスタンドは、跳ね上げた際かなり横にハミ出す事かな。

 

f0310771_1254022.jpg


僕のRSハパニアケースがついているからそれも気にならないけど、パニアが無かったらスタンドが妙に出っ張るのです。

但し、これはパニアに干渉しないように、付属機能の角度調整ネジによってそこそこ低い位置で跳ね上げが止まるように調整しているので、パニアが無い車両の場合は跳ね上げ角度を調整をしてもっと上で止まるようにすれば、もう少し内側に収まるのかもしれない。



今日は今年一番の寒さということでした。
近々に空気が冷えていると、やはり空冷エンジンはすこぶる調子が良い。とっても元気に走ってくれる。
燃焼効率が良いのが感覚的にわかる。これはボンネビルもそうでした。

しかし、高速道路でスロットル一定開度での中高回転域の長時間継続時には、燃料噴射に若干ムラがあるように思う。症状的にはダイヤフラム少し破れて二次エアを吸っているか、劣化により負圧でパカパカしているか。もしくはジェットニードルの痩せ細りか。まだキャブの上は開けていない。交換用に新品ダイアフラムは既に用意してあるので、キャブの同調取り直しと共に、近々チェックしよう。

 

f0310771_139678.jpg


いやいや、毎度同じこと言いますが、これは楽しい機械ですな。


はよう、ETCの配線終わらせなければ。。。割引が。。。。




[PR]

# by moto-rs | 2013-11-13 01:52 | カスタム | Comments(6)

公用車用 レギュレーターをお試し


RSの電圧安定対策で時々見かける、公用車用レギュレーターってのをを、中古でお安く手に入れたので試してみた。
とはいっても、今現在、別に特に問題も何も無いのだけど。。若気の至りってヤツで。。。

シートを外し、ガソリンホースを左右を外し、RSで初めてのタンク外し。
Cワッシャ? だっけ? それだけ。えらく簡単についているんだなー。。。

f0310771_21233264.jpg


右側のデカイ赤い箱がボルテージレギュレーター(らしい)

タンクを外したついでに、センターチューブトップにある、完全劣化していたタンクマウントのラバーを新品に交換。
劣化したやつは写真撮り忘れw 見事にペッタンコになってました。。
エンジンかけるとブルンブルンの他に、ガタンガタン。。。極めて不快な音です。

前オーナーが、新品発注してあるので郵送しますよ、と嬉しいお言葉。
現状販売なのに、お気遣いありがとうございます!

届いた品。こちら新品。

f0310771_2145284.jpg



全然違う。。こんなに分厚いモノだったのか。
劣化した方は紙切れみたいになってました。

おニューに交換。

f0310771_21244246.jpg



いよいよ公用車用のレギュレーターを取り付てみる。
今ついている赤い箱はノーマル(市販車用)のレギュレーター。

で、こいつが公用車(白バイなど)のレギュレーター。

※ヤフオク写真転用(すみません)
f0310771_21113382.jpg


これはアイドリングではチャージが始まらない市販車用に対して、超ノロノロ運転やアイドリングで取り締まり待機中などの白バイでも、低回転からしっかりチャージして電圧供給が安定するタイプ(らしい)

都内の渋滞の中、毎日通勤するmotoにとってはありがたい品物です。

が、例えば市販車用レギュレーターでも効率良く電圧を保てる高速走行などでは、この公用車用レギュレータで、あまりに長時間高速走行を続けると充電過多になる恐れもありとか無しとか。。。その辺はダイオードボードによって電圧はベストバランスで整流させているのだから、大丈夫でしょう。とのお声も。

さて、実用の程は、どうでしょうか。

公用車用のレギュレーター装着後、そのまま通勤。


結構変わる。

灯火類無点灯で実測。
今まではアイドリング時で12Vキープ。走り出して2000〜3000回転で13Vあたり。それ以上はいかない。

で、この公用車用は、アイドリングで12.5Vあたり。走り出して2000ほどで14Vで定位置。
そこそこ高回転いくと、14.3~4Vくらいいく。そこから先はレッドゾーン(過多)なので、その手前で針はストップしてます。

灯火類を点けても、針の振れはごく僅か。見た目はとても安定している。


これが良いのかダメなのか、OHVビギナーのmotoには判断つかず(汗)
でも灯火類 LED化のおかげで、ウィンカー以外のライト類点灯で針が大きく振れる事もなくなった。

しばらく様子見です。


新品のタンク ラバーマウントも、がっちりタンクをHOLDして、快適な通勤でした♪

実は今朝、ETCの装着も試みたがタイムリミットにより断念(泣)
ETC、マイナスはバッテリーへ繋ぐとして、プラスはどこから電源取るのがベストなんだろうか。。。




にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

# by moto-rs | 2013-11-11 21:46 | カスタム | Comments(6)