オッサンの悪趣味な国際交流

おっさんは、プチ国際交流しますた。

先日、古く動きが悪くなったクラッチワイヤーを英国のVENHILL製テフロンワイヤーに交換し、油不要のテフロン!というセールストーク通り、すこぶるクラッチは軽くなり、快適そのもの。

これは、リアルにグッドパーツだと、シャチ号のワイヤー類を全てこのVENHILL製テフロンワイヤーに変えたいと思った。


f0310771_1372355.jpg



ちょうど、Bingキャブレターを操作するスロットルワイヤーのアウターチューブ根元が切れかけていて、中のワイヤーが丸見えになってしまっている。今はゴムを巻いてタイラップし、かろうじて防水処置をしているが、いずれは錆びてくるだろう。

先日のクラッチワイヤーはヤフオクの"BMWセルフメンテナンス"という個人事業主?の出品物を落札したが、RS用スロットルワイヤーの在庫を問い合わせたが、持っていないらしい。

ならば自分で手に入れるかと、UKのVENHILLのサイトへGO!

ちなみにトライアンフ・ボンネビル用はこちら

f0310771_1471723.png



スロットルワイヤーをグリップからジャンクションボックスまでの1本と、ジャンクションボックスから左右Bingキャブへの分岐ワイヤー(ペアセット)をポチる。

海外通販個人輸入はトライアンフボンネビルに乗っていた時から良くやっていたし、Moto-binsも良く利用しているので、差して難しい事はない。
アルファベットで名前と住所さえ入力できれば、英語なんぞ苦手な人でも、指一本のポチポチポチでおおかたの手順は終わる。


全部ポチって、決済終了し、Order Reconfirmの自動返信メールがすぐに来た。

続いてVISAから決済手続き完了メール。

スロットルワイヤー上側:約1650円
スロットルワイヤー下側:約1,650円
送料:1,700円

合計:5,000円。



よしよし、あとは待つだけ。
で、なんとなくVENHILLのサイトを改めて眺めていて気がつく。


あ、チョークワイヤーもあるやんか!!


ん〜〜決済してしまった。。。
もう1回頼んだらまた別オーダーとなって送料がかかる。。。


これは英国人のプリンシプルな紳士に期待し、無理難題を言ってみるか!

早速、先ほど受け取った自動返信Order Reconfirmの info@のメールに返信。



拝啓、VENHILLさまさま

あの〜〜さっきウェブサイトでこのメールの注文をオーダーしたニッポン人でございますが。。。
訳あってメールしたんですね。。。
実はもう1個ばかし追加オーダーしたいので、最初の注文に混ぜていただけると超ハッピーなんですけど。
R100RS用/89用のチョークワイヤーっす。
そんなお願い、聞いてくれる?



イギリスはその時、朝の9時。1時間ほどすると返事が来た。


motoへ

いいよ、c/c detail を送ってちょ。
ちゃんと、混ぜて、あ・げ・る!

待ってるわ♥

Lisa.




お〜〜紳士じゃなくってレディだw



Lisaへ

ありがと〜〜
って、ところでc/c detailってなんの略??
Credit Card って意味??
おじさん、わ〜か〜ら〜な〜〜いw

moto





motoへ

正解!その通りよ!
待ってるわ♥

Lisa





Lisaへ

えへへ! じゃあ送るよ!
VISA-1234-5678-9***
名前:MOTO MOTO
有効期限:09/19

他になんか情報必要? なんでも言っちゃうよw

moto





motoへ

セキュリティナンバーも欲しいの♥
カードの裏に書いてある3ケタのナンバーよw
こっちは発送準備オッケーよw

待ってるわ♥

Lisa





Lisaへ

あ〜〜そっか〜〜忘れてたぁ〜〜
ごめんごめんw
じゃあ送るね!

876

よろしく!

moto




motoへ

ありがとう!
受けっとたわw

すぐに届くから待っててね♥

Lisa,




いや〜〜楽しいw


というわけで、40過ぎたオッサンの個人的趣味ともとれないチャットまがいのオーダーごっこが終了し、無事にVISAからチョークワイヤー商品代金のみの1700円が引落手続きされたメールがきた。これで、スロットルワイヤー×2にチョークワイヤーを後から追加して、送料1回分にまとめて無事注文できました。


これが見知らぬフィッシングなにがしだったら、あっという間にクレジット情報持ってかれてますなw わかりやすくカモなアホなおっさんです。


ま、Lisaちゃんが、果たして若いのかお年寄りなのかは、motoは知るよしも無く、勝手に超ベッピンさんを想像してましたけどw


みなさまも、是非VENHILLであえて追加オーダーして、Lisa嬢とステキなひと時をw


VENHILLワイヤーは、ボンネビル用もあるよん♪





にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

# by moto-rs | 2013-12-04 01:44 | 雑記 | Comments(10)

メンテナンスの基本です。

我がシャチ号のブレーキの調子を取り戻すべく、これまでのブレーキメンテナンスでは、キャリパー分解清掃&シール類をリペアし、ブレーキオイルを入れ替え、歪んだディスクを交換してきた。

これによりパッドの戻りも良くなり、ディスクのジャダー症状も完全に解消し、普通にフロントブレーキとして使える状態にはなった。やれやれ良かった良かった、と思ってはいた。

が、正直なところそのブレーキタッチにはまだまだ不満が残っていた。
それこそ現代のハイスペックブレーキでは無いので、カチ!って効きは期待できないのだが、RSのブレーキは腐ってもかのブレンボだ。もうちょいこのグニャグニャっとした甘いレバータッチを改善できないものか?と。

ブレーキラインをステンメッシュに変えるか、マスターシリンダーのピストンを新品にするか、次なる対策を色々考えるが、そもそもマスターシリンダーのピストンの状態はどない事になっとるか見てみよう。と、今朝仕事場のPでブレーキレバーを外してみた。

f0310771_1642656.jpg


古いグリスが完全に機能を失い、ゴテゴテのベチョベチョの、うちの子が大好きなフレーク入りコーラ グミみたいw になってた。。ピストン側も同様だった。これじゃレバーがピストンを適確に押していないのは明らか。

レバー周辺はブレーキ操作の第一アクション部。不具合メンテの基本の基本だ。

なんで最初にここを見なかったのか!!

勿論、これまでの各部清掃交換メンテナンスは必要にして行いその効果はあったわけだが、ここがダメではそもそも効果も半減というわけです。

レバーと、シリンダーピストン周辺の古いグリスをキレイに清掃して、新たにシリコングリスアップ。
組み付けてレバーを握ると、なんとまあステキなレバーフィール。今までは握ってから効くまでに無駄なグニャっとしたインターバルがあり、戻りもスニャっと頼りない感じだったが、クイッ、クイッ、とリアルタイムで握り〜戻しができるようになった。

初心忘るべからず。

バイクに不具合を感じたら、あちこち難しいところをイジくる前に、何事も、まずは一番ライダーに近いところから確認、点検です。


はい。一番近いところ・・・・・

つまり、まず最初に疑うべくは、バイクではなく、乗り手に問題はないのか? だったりもします(汗)


日々勉強です!





にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

# by moto-rs | 2013-12-02 16:59 | メンテナンス | Comments(10)

KEIHAN ケイハン H管

R100RSはモノサスから、時代の流れから排気システム中間に触媒が採用されている。

静かながら心地よく、ドリュリュリュリュ~~と躍動感のあるサウンドを奏でる完全ノーマル排気システムの音質には大変満足しているのだけど、いかんせんその触媒がデカイゆえに不便もある。そして底面がかなり錆ていたので、どうにかしたいと思っていた。

f0310771_19431615.jpg


めちゃ明るい照明は工具屋ストレートの充電式LEDライトスタンド
motoの夜間整備には必須となりそうです。


もとい、この触媒(巨大弁当箱)が左右エキパイをブリッジしているため、そのデカさから、ミッションケース後部~クラッチハウジング~シャフト部などなど、色々手を入れて掃除したりなんだりの際にこの触媒が邪魔でしょうがない。

で、色々先人達のレポを見ていると、いわゆる触媒キャンセルを目的としたH管なるものが存在していることを知る。

H管、そのまんまだが、迷路のような構造で消音排ガス軽減している触媒を単なる中間パイプ形状にブリッジしたもの。オクで新品がなぜか格安で出ていたので、これ幸いと入手。

KEIHAN H管
HPはこちら

f0310771_19434953.jpg



UK製。これに変えると、車体下部がすっきりとし、諸々手を入れやすくなる。
そして当然、消音機能の一部を担うパーツをキャンセルするため音量に影響がでると思う。

BMWのサイレンサーでは独ステンチューンというメーカーは聞いたことあるが、このケイハンというメーカーはあまり良く知らない。ここはH管と同様にサイレンサーもリリースしている。ケイハンH管+ケイハンサイレンサーに換装すると、そこそこ排気音がうるさくなるらしい。

もうお歳なので、ウルサイのはご遠慮したい。
誰もが想像するとおり、この中間パイプ式は低音キープのまま若干歯切れが良くなる程度で、差ほど音量アップにはならないらしい。これは嬉しいこと。

そして左右独立管にはならないので、排気脈動云々は維持され、トルクダウンもあまり心配しなくて良いように思う。(たぶん)

これ、愛用している人もいれば、いない人も当然いる。
こういったパーツは 一長一短だと思うので、それは自分で体感してみよう。

早速ノーマル触媒を取り外す。

R100RSの排気システムはエキパイ~触媒~サイレンサーと3部構成。
まずは左右サイレンサーを外し、触媒を抜くき、H管を差し替える。

f0310771_19441338.jpg



純正サイレンサーを戻して終了。

f0310771_19442950.jpg


作りも大変よく、フィッティングもスムーズ。すっきり、キレイなラインになった。
深夜なので試走は日曜日の休日出勤時に。


外した純正の触媒。すごい重い。。。。
触媒君、えらく なげやりな写真でごめんよw

f0310771_19445069.jpg


追記:ケイハンH管のインプレ。自分的には、とても良いです。音量、ほぼ変わりません。低音の響きのみが力強くなる。良く触媒をキャンセルすると、鼓動感は出るがやけに音がパカパカと軽くなってしまうモノが多いが、これは逆で高音は下がり、しっとりと重低音が残るという感じ。噂どおり低回転〜中回転域での排気音の歯切れが良く鼓動感が上がる。その分、キャブセッティングをちゃんと出してやらないと鼓動のバラつきが純正触媒時より気になってくる。トルクの落ち込みもない。抜けの良さに合わせ少しミクスチャーを調整した。エンジンが温まってくると、とても気持ちの良いバイブレーションとサウンドになる。繰り返しますが変わるのは鼓動感であり、「音量」については、ほぼ変化なし。そこがグッド!周辺のお掃除もラクラク!


昨日は長男の学校見学で都内から横浜まで二校をハシゴ。
いやいや、久しぶりの学校(笑) 父はとても疲れたぞw

父子共によさげだなと思う高校に巡り会い、「俺、この高校にするよ」と、まだ何もしていないのに、既に受かった気でいる極楽トンボ。

f0310771_19451138.jpg


はあ。。。誰に似たのか。。。。
親の顔が見てみたい。


父はこっそり、入学金&学費欄をチェック(汗)


たか!!。。。。。こりゃ父はとーぶん何もできんな。。。








にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

# by moto-rs | 2013-12-01 19:46 | カスタム | Comments(8)

季節柄、このところの愛読書

最近の愛読書です。
OHV-R100シリーズを知るために、毎日乗って、そして毎晩読みあさってます。

f0310771_0454330.jpg



ボンネビルフレンドのトラボンタロウさんから頂いたBMWアーカイブス、もうほんと勉強になります。
これ以上細かく書いてあるOHV書籍は無いのではなかろうか。

そして以前からの愛読書であるMOTOメンテナンス誌はタイトルも親近感あってお気に入り♪

いいですねー。楽しい本はトイレでも玄関でも読んじゃいます(笑)


ん。。。。

ん。。。。?


f0310771_0463283.jpg



ま、現実は、こっちの方がプライオリティ先行で、毎晩「読まされて」おりますがw


息子よ、どこでもいいから、楽しいとこ行け。
明日の学校説明会では、まずはバイク置き場があるか、制服がカッチョイイか確認だww



パパは今日もシャチに乗って、これから4匹分かかる、たっけー学費を稼いできますたw

あ、鴨川シーワールドじゃないよw

f0310771_0482766.jpg



誰か足もんでくれーーー






にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

# by moto-rs | 2013-11-30 00:49 | 雑記 | Comments(8)

ステムベアリング打替&フォークOH&WPスプリング交換

シャチ号のステムベアリング打ち替え。

Fスプリングを、WPスプリング(旧ホワイトパワー)に交換した。

本当は作業を週末に予定していたが、土曜日はおそらく家庭の用事で埋まってしまい、日曜日は午後から仕事に決定。

今日は特に打ち合わせもアポもないし、セルフ時間があるので、やれるとこまでやってしまえ!
てなことで、急遽、作業スタート!

まずはフロント回りのバラシから。
キャリパー外して、フェンダー外して、ようやくタイヤが外れる。

f0310771_2235983.jpg




フォークのアウターを抜く前に、フォークオイルを排出。

f0310771_225436.jpg


どす黒いグレー。。。



続いてフォークエンドのヘックスを緩めアウターチューブを抜く。

f0310771_2272778.jpg




左右連結のまま作業できるので楽ちん♪

f0310771_2281897.jpg




お次はステムベアリング打ち替えのためにステム回りにアクセス。
アッパーカウルの下側のパネルのみ外せばアンダーブラケットにアクセスできる。

f0310771_2295711.jpg




トップブリッジを外すために、36mm(デカイ)のステムーナットを外し、
この左右の超巨大なフォークナット(41mm!!)を回す。

f0310771_22232730.jpg


が、左がなかなか回らない。。。。。
この世に生を受けてから25年間、一度も回された事がないのだろう。。。

30分格闘する。。。が、どうやっても回らない。。。。腰が砕けそうになる。。。

f0310771_22212575.jpg



もうここで心が折れそうになり、やめちまおうかと思ったけっど。。。

こうなりゃ荒技に出るしかありませんな。


鉄パイプw

f0310771_2226235.jpg



外れたwww


これまた25年選手のステムベアリングのおでまし。
グリスが硬化してガビンガビンです。インナーのローラーも緩くやせ気味に。

f0310771_22281199.jpg



Fスプリングのへたりもあり、交差点を少しタイトに曲がるだけでも、ガタガタして足が浮気味だった。ようやく交換できる。

下側ベアリングも、見ての通り渾身の力で、破壊(笑)

f0310771_2231097.jpg



キレイにして、NEWベアリングを組み込み。

f0310771_22323455.jpg

f0310771_2233305.jpg



打ち込んだベアリングには、アッパーロアーともEPLグリースを塗り込み。

f0310771_2235279.jpg



ここで問題発生。。。
トップチューブに打ち込んであるベアリング・アウターレースも当然外そうと思ったが、手持ちのベアリングリムーバーでは対応できないチューブ形状である事が判明。。。
アウターレース自体はそれほど劣化もなく、弾痕も無い。新品のインナーレースを当てて回してみるとクリアランスのズレもなく、いけそうだったので、今回アウターはそのまま再利用とした。



続いてWPフォークスプリングの交換に。


インナーチューブを分解。
スプリングは少し錆びていた。そして自由長が3cmほど短くなっている。
なんだか色々パーツが構成されている。組み付け時に順番を間違えないように並べておく。

f0310771_22401298.jpg



赤いラベルがあるのがWPのスプリング。不等間隔ピッチ。

f0310771_22414855.jpg



アウターチューブのオイルシールとダストブーツも新品に交換。

f0310771_2244456.jpg

f0310771_2245410.jpg

f0310771_22454748.jpg



インナーチューブを元通りに組み付けて、ブラケットへ戻す。これがかなりジャストサイズでキツイ。。。マイナスドライバーでアンダーブラケットを広げながらグイグイ入れます。

カウルのフォークブーツもボロボロに破けていたので新品に交換。いずれ破れるが。。

f0310771_22492236.jpg



アウターチューブも入れて、ロックナットを締め、フォークオイルドレンボルトのガスケットも新品にする。

最後にフォークトップのヘキサゴンを開けて、小さな注入口に注射器でフォークオイルを注入。
フォークオイルはWPの10番を、左右320ccずつだそうな。WPスプリングでは275ccだそうです。

f0310771_22513827.jpg


ハンドル戻して、タイヤ戻して、キャリパー戻して、カウル戻して、完成!!

超バタバタと格闘していたので、完成写真なし(汗)


代わりに昨晩masakiさんがいつの間にやら撮ってくれたワンショットをw

f0310771_22542667.jpg



いやー。。。疲れた。。。。

あたりは暗くなってきました。
ついでに歪んでいたディスクブレーキを中古良品で改善。

手元に揃った4枚のディスクを、どれが歪んでいるのかとっかえひっかえ組み合わせて、ジャダーの出ない組み合わせを探す。今晩だけでディスクローターを走っては取り外して、別のを取り付け、走っては取り外して、別のを取り付け、なんだかんだ4回それをやったw


フロント足回り完全整備を済ませ、試走。

いやー、苦労が報われます。
ベアリングのガタガタ感はすっかり無くなり、ちゃんとした「普通」の足腰に(笑)

WPのフォークスプリングは、以前のヘタリまくったスプリングと、減ってる&腐ってるフォークオイルの状態とは全然違う。しかし、取り付けたばかりの今日の第一印象は、その差もあってちょっと硬いなあ、と。

これはスプリングが熟れるまで少し走り込みと時間が必要です。
リアもかなりヘタっていて、プリロード最強でごまかしているので、早く変えたい。

にしても、マンホール越える度にガタガタと鳴り、セパハンを握る手のひらが痛くて仕方なかったのがそれなりにシットリとして大満足。

ブレーキもガクンガクンとジャダーせず、スーッと無段階で停まる。(あたりまえ)

MY R100RS、あたりまえな状態になりました。これでようやく、フツーのバイクですw



これで予定していた納車後の最重要メンテが終了。

やっぱり、フツーであることは、素晴らしいことです(笑)

あとは現在計測中&キャブ同調試行中の燃費改善計画だ。


silvaさん、すんませんw やっちゃいました(汗)
土曜日は、息子のお受験の相手せにゃいけませんので。。。。。




WP(旧ホワイトパワー) /フロントフォークスプリング

WP(旧ホワイトパワー) /フロントフォークスプリング R100RS




にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

# by moto-rs | 2013-11-28 23:20 | メンテナンス | Comments(9)