<   2014年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

あるある BMW 2バルブOHVの"言い伝え"??

前愛車、トライアンフ・ボンネビルから、BMW R100RSに乗り換えてから間もなく満3ヶ月/4000km。一癖も二癖もあると言われるこのバイク。購入する前のこと、やはりできる限りの情報は仕入れておきたいもの。ネットや書籍でR100RS/BMW-2バルブOHVの事を読みあさった。当たり前だが、乗ってみないと実感できない事の方が多く、まずはオーナー予備軍としての「心構え」として学習した。そしてオーナーになってからはそんな情報を元に劣化部分をメンテし、改善すべきところに手を入れ、ようやく乗れるバイクになってきた。

そんな情報収集の中で一番印象に残ったのは「BMW-2バルブOHVとは、〇〇である」という定説がバラバラであること。人によってか、時代によってか、好みによってか(笑) オーナーそれぞれに"デフォルト"が違っている。(オーナーでなくとも人づてで"〇〇である" ってインプレする人もいるけど)

今日は良ネタも無いので、そんな井戸端話を。

f0310771_22382915.jpg



そんなあちこちで蔓延っている、motoが気になった"BMW-2バルブOHVの定説"(笑)をあげてみる。
当然、整備状況やカスタム箇所などの「状態差」で、それぞれに変わるものであろう。
しかし、殆どはそれらを置き去りに、「兎にも角にも〇〇である」と言われていることなのが変なとこW。

※年式違い、モノサス/2本サスなど、モデル違いによる「仕様差」もあり、同じスペック下でないことを前置きしておく。


"BMW-2バルブOHVの定説達"

BMW 2バルブOHVのサウンド(タペット音/Egn音/排気音)は、虫の音のように静かである事が望ましい。
BMW 2バルブOHVのサウンド(タペット音/Egn音/排気音)は、適度に賑やかなくらいが良い。



BMW 2バルブOHVは、速度40km〜60kmあたりでハンドルがぶれる。
BMW 2バルブOHVは、速度100km〜120kmあたりでハンドルがぶれる。
BMW 2バルブOHVは、直進安定性がピカイチである。



BMW 2バルブOHVは、1000kmで1L前後オイルを消費するのが"仕様"である。
BMW 2バルブOHVは、1000kmで200cc前後オイルを消費する事がある。



BMW 2バルブOHVは、直線番長である。
BMW 2バルブOHVは、ワインディングがすこぶる楽しい。



BMW 2バルブOHVは、3000km毎にEgnオイルを交換で十分。
BMW 2バルブOHVは、2000km毎にEgnオイルを交換するべし。



BMW 2バルブOHVは、新車でもオイル漏れするものである。
BMW 2バルブOHVは、オイル漏れを見逃してはいけない。



BMW 2バルブOHVは、10万キロでオーバーホールをさせたい。
BMW 2バルブOHVは、20万キロはオーバーホールは不要だ。



BMW 2バルブOHVのバルブクリアランス調整は冷間時に行う。
BMW 2バルブOHVのバルブクリアランス調整は温感時に行う。



BMW 2バルブOHVの実際燃費は、リッター24km前後である。
BMW 2バルブOHVの実際燃費は、リッター20km前後である。
BMW 2バルブOHVの実際燃費は、リッター18km前後である。
BMW 2バルブOHVの実際燃費は、リッター16km前後である。



BMW 2バルブOHVのバッテリーは軽自動車用では振動無対策によりNGである。
BMW 2バルブOHVのバッテリーは軽自動車用で問題無い。



BMW 2バルブOHVの始動時は、ある程度暖気をする。
BMW 2バルブOHVの始動時は、暖気無しで走り出す。



BMW 2バルブOHVのキャブ同調の際は、まず暖気をする。
BMW 2バルブOHVのキャブ同調の際は、暖気は不要である。



BMW 2バルブOHV用のオーリンズは硬い。
BMW 2バルブOHV用のオーリンズは柔らかい。



BMW 2バルブOHVは、おっさんバイクである。
BMW 2バルブOHVは、オシャレなバイクである。




とまあ。。。。
BMW 2バルブOHVの新人オーナーとしては、良くも悪くも悩まされるのであった。。。


実際にR100RSに乗ってみて、この中のいくつかは、「な〜〜んだ」って解決した(笑)
まだまだアンビリーバボーな謎は多々あるけども。。。

う〜〜〜ん。
どれが正解なのかは、結局乗り手が好きに決めればいっかw
つまりは、一言では語れない、深〜〜いオートバイっって事か!

だから"定説(達) "になるんだね(笑)




にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

by moto-rs | 2014-01-31 22:46 | 雑記 | Comments(11)

夜のとばりのサスセッティング

お仕事帰り。

昨晩取り付けたオーリンズのリアショック。

1000km?くらいは慣らし走行しなきゃいかん。
とはいえ、エンジンの慣らしみたいに3000回転以下で走れ、とかいう基準があるわけでもない。
最初のうちはあまりガチャガチャと減衰やプリロードを弄らずに、工場で組んだまんまの状態から、なるべく優しく走ってバネとダンパー機能を動かして馴染ませなさいというもの(たぶんね)

つまりは、本領発揮はまだ先だから、今すぐオラを評価するなよ、ってな事。

f0310771_23393417.jpg



とはいえ、やはり普段の走行環境に置いてそれなりに「アベレージ」となるセッティングで慣らしをしたい。

今朝の通勤と今夜の帰宅時に、一般道〜高速道路を併用して、なんとなく良さそうな設定を探ってみた。ガソリンは満タン、積み荷はいつものパニアに仕事道具がぎっしり。

それでも車高は以前より数センチは上がり、今までは足つきベッタリ&膝がかなり曲がっていたが、今は脚の長さがドンピシャくらいでベッタリ接地。体重移動するにも程よい腰高感があります。

メーカー推奨セッティング(以下参照)を基準に普段通りに走りながら、雰囲気を掴む。
何度も減衰力調整クリックをいじることなく、1回で「こんなもんだべ」と決めた。

主に平日は通勤で走るため、路面状態の悪い道路での走行を考慮し、メーカー推奨の初期セッティングから、やはり少し柔らかめに振った。


■推奨:伸側減衰力 /最強から14クリック → 17クリック
■推奨:圧側減衰力 /最強から12クリック → 15クリック
■プリロード推奨: 開封時まんま → 同じ


高速道路では推奨セッティングで丁度良いくらいだが、一般道だと少々硬い。(今は)
機構が馴染んできたら、メーカー推奨に戻すくらいが丁度良いのかもしれない。

f0310771_23432951.jpg



今はスポーツサスペンションとしては多少柔らかめにセットしてはいるが、それでも以前のスカスカ純正サスに比べたら「ガッツリ腰がある」脚になったので、印象は硬めである事に変わりない。

今まではいつまでもボヨンボヨンしていた高速道路での「そこそこスピードw」では、大小の連続した路面のウネリを越えても無駄にダンピングせずに車体を制御するようになった。
インター出入り口の130Rのようなコーナーも、タイトな市街地コーナーも、以前よりも格段に素直にバンクし、旋回中のスロットル操作による荷重変化にも乗り手が楽に対応できるようになった。
と、なんだか最もらしいインプレに聞こえるかもしれないが。。。。きわめて普通の足回りにようやくなった、だけ。。。。

本来、フツーはこうだよねww

今までがスカスカのボロで、酷すぎたw


エンジンもとても調子良く気持ちの良い通勤になった。
帰りはなにげに自宅を通り過ぎて、例の「あと20km」ならぬ、「あと40km」走ってしまったw


週末にお休みがとれたら、このオーリンズで軽くワインディングを走らせてみたい。

f0310771_23442383.jpg



ちょっとヘルメット派手にしすぎたかな。。。
もうちょい大人な感じが。。。。ん〜むずかし。



OHLINS オーリンズ /リアサスペンション

OHLINS オーリンズ /リアサスペンション R100RS



にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

by moto-rs | 2014-01-29 23:46 | カスタム | Comments(13)

オーリンズ BM941 for BMW R100RS

というわけで。。。。。

アマゾン川から横浜まで遙々1日で流れてきましたオーリンズ。。。


f0310771_1555253.jpg


開封時の写真撮り忘れたのでリトモさん画像拝借。。。

f0310771_2242424.jpg



ん〜〜早く取り付けたいね〜〜


でも最近はお仕事でデスクワークが盛りだくさんで、脳みそフラフラ。。。


帰宅も連日深夜


もう大人なんで


しっかり健康管理して


明日のお仕事のためにちゃんと睡眠とって


どっかの若造みたいに夜な夜な手を油まみれにしながら


バイクをバラしたりはもうでき----


f0310771_1595953.jpg



ました♪


生誕25年、10万キロおつかれちゃんの、スカスカ・オンボロサスを取り外し〜〜

f0310771_1584121.jpg


オーリンズは、誰もが取付時に難儀することは事前に学習済み。
まずは右サイレンサーを外して純正サスを抜いて、オーリンズを組み込むために車輪をフリーにしてオーリンズサスの全長が入るスペースができるように車輪を下までおろす。(デフ側のサスリンク部が雄形状のため、おろさないと、上下が水平に入らない)

このオーリンズ、R100RS専用設計のくせして、サスのデフ側リンクがデフ本体に微妙に干渉する。。。
個体差もあるのかもしれないが、これも事前に学習済み。

巨大なワッシャーをストックから見つけ出し、サス挿入前に一枚噛ます。

f0310771_271445.jpg



これで2mmほどの隙間を確保。デフへの干渉を避ける。
上下で垂直をキープするため、上にも同じようにワッシャを入れた。グリースも忘れずにw

f0310771_282187.jpg



そして第3の問題、オーリンズはサブフレームにプリロード部分が干渉するという問題。
ほんとに専用設計か??

これはサブフレームの下部ボルトにスペーサーを噛ますことで、サブフレームを外側へ広げて隙間をつくり、干渉を回避するらしい。なので約1cmのアルミスペーサーを入れた。運良くブラックアルマイトのスペーサーがストックにあった。これで3mmほどの隙間を余裕で確保。

f0310771_2112072.jpg



リザーバータンクはデフォルトだとシートレールに付属のステーを増設して真横に取り付けるが、その状態でパニアケースを併用するにはとちょいと難しい。
なので、みなさんがやっているように、パニアステーに縦に装着。

その際、リザーバータンクのバンジョーを少〜〜し緩めてホースの角度をベストな位置に変える必要がある。

バンジョーは緩めすぎると、タンクのオイルが漏れるから、ほんの、すこ〜〜しね。

すこ〜〜〜し・・・・・・・

すこ〜〜〜し・・・・・・・

すこ〜〜〜・・・・・・・・


あ。。。。漏れた。。。。。。やばい。。。。ちびっと漏れた。。。


とりあえず慌てて角度つけて締め込む・・・・真夜中の ひとりエマージェンシー・・・・・・

髪の毛が逆立つ。。。。

しばし落ち込む。。。。

落ち着くために、タバコ吸う。。。。。。。。

エア噛んだかも。。。。エア噛むのか?・・・・
リザーバーって中で2室になってて上がオイル、下が窒素? だっけ?
じゃあ下から窒素充填で押し上げりゃいいのか(笑)


ま、いっかw



ほい、完成!


f0310771_2161961.jpg


moto的には目立ちすぎるのは嫌なリザーバータンクは、パニアの後側に回るように隠した。
十分に手は入ってダイヤルは回せる。

f0310771_14254518.jpg


車体カラーがシルバースモークならオーリンズイエローは似合うなあと思っていたが、ブラックメタにイエロースプリングはどうなのよ、って思ってた。で、リトモさんが出しているブラックスプリング仕様も考えたけど、それはそれで、ちょっと無難に狙いすぎ?な感じもしたし。ネイキッドなら似合うけど。

f0310771_14262366.jpg


まあイエローも悪くないか!
ウィンカーやメットのオレンジミラーシールドとも色味は合っているし。



とりあえず初期設定はメーカー推奨のセットアップに。

伸側減衰力 14クリック
縮側減衰力 12クリック
プリロード 開封時まんま


さてさて、これからの通勤が楽しみですよー。

まずは慣らしか。そんなにタラタラ走ってたら遅刻してしまう。
まあ、そこそこ丁寧に動かそう。


インプレは色々試しながら徐々に。



OHLINS オーリンズ /リアサスペンション

OHLINS オーリンズ /リアサスペンション R100RS




にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

by moto-rs | 2014-01-29 02:46 | カスタム | Comments(20)

キャンプツーリング過去記事リンク

まだRSではキャンプ行ってないんで。。。
とりあえず、前愛車(ボンネビル)でのキャンプツーリング関連記事へのリンクです。
motoの過去ブログ "38歳からのトライアンフ・ボンネビル"の記事内に飛びます。


★ボンネビル団・合同キャンプツーリング "H de T" 全記録

★ソロ & More キャンプツーリング記

★バイクdeソロキャン道具



あ〜早くRSでキャンプ行きたい。



Twitter ID Bonne38 (記事更新をツイートしてます)


バイク用品&インプレッションウェビック



にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

by moto-rs | 2014-01-27 22:17 | キャンプツーリング | Comments(0)

出張ピット@カフェ waRAu

って、題名のカフェの写真もなけりゃピットの写真も無いんだけど。。。。


本日、ボンネビル時代からのお友達、女性ライダーのnaoさんのボンネビルにエンジンガードをお取付で出張ピットサービスw 千葉県松戸市までひとっ走りw

あまり馴染みの無い千葉方面。
東名〜首都高を抜けて、四つ木インターで降りるはずが、なぜか駒形で降りてる俺様。。。

f0310771_18511210.jpg


もうすぐそばまで来ているのに、道に迷いまくり20分遅れで到着。
わ〜い! 東関東/北関東勢がみんな来てる!

f0310771_18533866.jpg


naoさん(本日のお客様w)
うちやんさん
ケビンさん
ジップヒットさん
ボニー侍さん
silvaさん


本日のデイリーピットに抜擢された(笑)カフェwaRAuで、naoさんにお昼ご飯をご馳走になって。。。
お久しぶりなトークを楽しんで・・・(話す内容は毎回同じような事ばっかりだがw)


いざ作業開始!

おじさん達がレディのボンネビルに個人輸入したエンジンガードを取り付けようと必死。
このボルトはどこだの、穴が狭いだの言いながら棒ヤスリでゴリゴリやる。。。

f0310771_2214348.jpg

Photo by naoさん(おかりしましたー)

てか、なぜか棒ヤスリ持参した俺様、われながら天才(笑)
輸入モノのお取付は、スナップオンより、ヤスリとハンマーが必須でございますw

その間、はキャッキャ言いながら無邪気に遊んでます。

シャチ号ではしゃぐnao姫

f0310771_1993935.jpg


ん〜〜

バイクと言うより、メリーゴーランドか、鴨川シーワールドのおネエさんか。。

f0310771_1920293.jpg




はい、完成!

f0310771_19222313.jpg



作業風景の全貌は こちらのnaoさんブログでご覧あれw

雰囲気のある丸みがnaoさんボンネに似合ってます。うん、これにして正解!

バイクonナビ嫌いな頑固オヤジは、帰りも迷いに迷い・・・・・


久しぶりにみんなに会えてほんと良かった。楽しかったあ。
バイクっていいですね〜。

naoさん、ご馳走さまでした!

f0310771_1924487.jpg



いやーやっぱりこれ、どうにかしたい。。。
帰りの高速も少し飛ばすとウネウネ・・・ウネウネ・・・・

f0310771_1929474.jpg



ん〜〜〜

どうにかしたい!!!


ぴんぽ〜〜ん



あ、宅急便だ。。。。誰もいね〜のかよぉ・・・・・



はいはい行きますよ・・・・



はいはい



はいはい・・・ビール飲んじゃって足元フラフラで〜〜〜すぅ。。。



え〜っと印鑑、印鑑。。。。。




はい、どうもご苦労さまでーーっすw




f0310771_19325693.jpg



あり??

。。。。。。。。。

ありあり?



え〜〜っと。。。。。。


なッ・・・・

なんだこれは!!!



つづく




にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

by moto-rs | 2014-01-26 19:44 | ツーリング | Comments(26)

土曜日のシャチ

社会人になってからか、家庭を持ってからか、どの辺が境目だったのかは定かではないが、学生時代には危険なほどに満ちあふれていた「冒険心」が、歳を重ねるごとに薄くなっていくように思う。

まあ当たり前といえばそれまでなんだけど、明らかに日々の行動が保守的になってきている。
とはいえ、僕はその保守的レベルが かなりいい加減な類いの人間。
良く悪くも、たいていのことは「ま、いっか」で済ませてしまう。そう良くも悪くも。。。。

というか、悪くも、の方が多いかw

全然保守的じゃないね。。。。。

今日は午後から軽くシャチ号で走るかと、R246を西へひた走る。
外気は暖かく、極寒時よりも軽装でいられる分、ライディングが楽ちん。

軽く宮ヶ瀬周辺まで行くとして、どこか走ったことのない道を行ってみるかと思い、国道からの脇道を探す。曲がってみようとウィンカーを出す。視界の右端に映るその道はあまり面白そうじゃ無い。見送って次の曲がり角でスローダウン、ん〜〜ここもどうかな・・・・次、ん〜〜〜ここもなあ。。。。。。


で、結局いつもの曲がり角で右折(汗)

ほら!保守的でしょw つながったw


少し曇り気味だけど、風も無く穏やか。
時々釣りに来た事がある中津川流域の旧道を3速でトコトコ走る。
R100RSの排気音は殆ど聞こえず、微かにピョコピョコピョコとバルブ?の作動音だけが耳に入る低回転。
気持ちいいね〜。

f0310771_20223661.jpg


ブログ写真はほとんどiPhone-5sで撮っているけど、結構いけますな、iPhoneカメラも。


このバイクを納車してからずーっと気になっているのが、リアサスペンションのへたり。
プリロードを最強にしてもまだ、車高が後ろへ下がっている始末。
そして少しスピードに乗ってウネリを越えると、いつまでもリアがうぉんうぉんとダンピングしておさまらない。
オーリンズとは言わない、WPとも言わない。
ノーマルでもなんでも良いから、もう少し腰のある死んでないものに変えたい。。。

じゃあHAGONかな。。。いや、WPか。。いやオーリンズがいい。。。wwww

来月は車検、そしてまだまだ整備確認したい箇所もある。
それよりなにより、今年から本格的にリアル家庭内出費が増大。。。。
酔った勢いでも無い限り、ポチッはできませんw


f0310771_2043742.jpg



道路端にはまだ雪の残る宮ヶ瀬湖を抜け、再び中津川へ戻ってR246で帰路へ。

帰宅間際に近所のボンネ乗り yochiさん宅に寄ってみる。
ちょうど愛犬ラブ達の散歩をしていてお会いできた。

春になったら温泉いきましょ〜ね〜。



ん〜〜やっぱ腰が抜けるほど美しいなあ、このオートバイ。。。。
こいつ人なら、ぜひ女性であってほしいw

f0310771_20523924.jpg



日曜日は午後から晴れれば、naoさんボンネビルの出張ピット作業w 今から出張工具を選別しますよ〜。
ん〜忘れ物しないように。。。。どれが必要だったけかな。。。。



にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

by moto-rs | 2014-01-25 21:00 | ツーリング | Comments(14)

キャブレターと気候

今週はいつもより少し気温も上がり、絶好のバイク通勤日和だった。
先週末にキャブレターの同調をとってから、とりあえずこんなとこだなと満足はしていた。

けれど、ここ3日間はそれ以前よりも+3℃ほどの平均気温が上昇したためか、前回なんとなくセッティングしたキャブレターの燃調具合がその気候にドンピシャにはまり、朝一番からエンジンフィーリングが素晴らしい。


今更ながらキャブセッティング、燃調の基礎。

冬は濃いめに-
夏は薄めに-


つまりは前回のセッティングは当時の気温に対して燃調が少し薄めだったという事か。
また気温が下がってきたら、ミクスチャーをほんの少し開けて今より少し濃くしよう。

たった3℃外気温が変わっただけで、こんなにも差が現れる。
勿論、気温だけなく気圧や湿度も影響してくる。

やっぱりキャブレターって面白い。
しかも空冷2発のエンジンは、その微妙なリズムもあって、調子の差をダイレクトに感じる。

f0310771_23443515.jpg


3000回転辺りから奏ではじめる、まるで電気モーターで走っているかのようなリューーーーンって伸びるメカノイズ。微かに聞こえるエグゾーストノート。とても馬鹿でかいピストンがしきりに動いて爆発を起こしているとは思えないほどにパルスが揃う。不快な振動も一切なく、ただ真っ直ぐ走る。
水平対向エンジンらしく、ライダーにとって不要な振動は全て車体から横へ逃げていく感じ。

ん〜こりゃやめられん!w

まあ、逆に調子が揃わない状態になると、ただただメンドクサイ!って思うのだけどw


そんな快適なクルージングに、このアイテムが意外にもジャストフィット。

f0310771_05386.jpg



ボンネビルに乗っていた時に 衝動買い→5秒でポイ した アクセルなんちゃら。

気持ち良く走れるトルクの出しどころが、結構シビアなボンネビルの頃は、頻繁にスロットルの開け閉めを繰り返していたので、これがあると「あ〜〜邪魔くさい!」って思った。

対してR100RSは、2速まで入れてしまえばかなりの幅でグイグイトルクが持ち上がってくる。
シフトアップと同時にスロットルを気持ち多めにパカっと開けて混合気を多めに送ってやりながら定位置でキープ、あとはエンジンが勝手にどんどん前へ前へ引っ張ってくれるR100RS。コイツを気持ち良く走らせる そんなアクセルワークには、このアクセルなんちゃらは結構向いているもんだと気がつく。

このバイクはセミセパレートハンドルによる前傾姿勢。通勤ラッシュ時は万が一の為にブレーキレバーに指を添えながら、かつスロットルをキープし続けるのだが、あっという間に親指の付け根あたりに負担がくる。それがこれのおかげでかなり軽減される。

朝一番の走り出し、暖気走行にも一役かっている。停止寸前の減速時に、ブレーキを使いながら、スロットルを全閉で回転落ちしてエンストしないように、わずかにスロットルを開けておく事が楽になった。

これ、とっておいて良かったw


R100RSには、ある意味クルーズコントロールという名?のネジ込みアクセルストッパーは付いているが、右側のしかも裏側ゆえに走り出したら調整も何もできないw 予めねじ込んで回転に抵抗をつけておくのだけど、つまりは単純にアクセルが全域で重くなるだけの機能。。。まあ朝イチのアイドリング・エンスト防止にしか使えない。

f0310771_0483523.jpg




昨晩、ビール飲みながらヘルメットで少し遊んだ。

f0310771_08546.jpg


シルバーの極細デザインテープで、何も考えずアシンメトリーにピンスト入れ。
名付けて スパイダーマン・ダークサイドw


ま、すぐ飽きて剥がしちゃうけど(笑)




にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

by moto-rs | 2014-01-25 00:20 | 雑記 | Comments(11)

燃料タンク:16リットルでリザーブ??

R100RS モノサスの燃料タンク容量はカタログ数値で22リットル。
そのうち2リットルが予備タンクとされている。リザーブでも使い切れない底辺分が約1〜2リットルあるとして、単純計算ではガソリン18〜19リットル消費したところでリザーブへの切り替えタイミングとなるのが妥当か。

f0310771_0123071.jpg


昨日、いつものようにR100RSで仕事帰り。自宅近くの信号でガス欠。
この時、トリップメーターはまだ250km。あれ?もう?と思い、リザーブに切り替えて再スタート。
近くのGSで給油。

僕のRSは、町乗り通勤燃費は相変わらず16km前後とあまり良い状態ではない。
だとしても、19リットルとは言わずとも、例えば18リットル使い切るには280kmくらいは必要である。

給油量は16.5リットルだった。
燃費がよろしくないのは、ここでは置いておいて。。。。

16リットルでリザーブに切り替えって早くないですかい?
この時、タンクにはあと6リットルもある計算になりますが。。。。


■考えること、その1.
心配するな、まあそんなもんである。16リットルでリザーブ切り替えはフツーにありうる・・・ってな感覚か。


■考えること・その2
燃料コックのメイン用パイプorメッシュストレーナーに不純物で詰まっていて、ある領域からメインタンク担当の燃料供給を妨げているのか。


それでも、この車種のガソリンタンクは、コックが左右にあり、どちらかが詰まっていたとしても、片方が正常なら左右のキャブにガソリンが供給されるバイパス機能がある。

左右とも詰まっているのか?

ん〜〜とりあえず近々にストレーナーをチェックしてみるか。
幸い、交換用ストックも既にあるし。

f0310771_0204669.jpg


中継のフューエルフィルターや、キャブのフロートチャンバーを確認する限りはガソリンも綺麗で不純物は見受けられないが、タンク内は実は錆びててストレーナーで栓をしていたりして。。。。

あ〜〜怖い怖い。。。。

まずは満タンにしたばかりのガソリンを使い切らなくては。。。。



にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

by moto-rs | 2014-01-23 00:29 | メンテナンス | Comments(9)

父親の背中

現在41歳のわたくしmoto。
僕のオートバイ生活は、かれこれ30年?35年? 以上になる。
ん? 計算が合わない。というのも、それは免許を取得できる16歳から始まったことではない。


最初にバイクに乗ったのは、たぶん小学校3年生くらいの時。
その頃は新宿のフツーの団地に住んでいて、フツーに父親と母親がいて、フツーに4つ下の妹がいた。



唯一、周囲の家庭と比べてフツーじゃ無かったのが。。。。

週末の父親が、こんなんだった事。


f0310771_22472329.jpg


正月に実家に帰省した時に発見した写真。
これmotoのオヤジ、32歳頃の図。この頃 motoは7~8歳くらいか。


名車、ヤマハXT250 。
元はシルバーに赤ラインだったのを、オヤジがオリジナルペイント。
ついでにヘルメットもオリジナルペイントw

団地のベランダと、隣の公園のベンチがスプレーで黄色くなってたのを覚えているw
なにやってんだよ、オヤジ。。。。

つまり、フツーにバイク馬鹿w
motoが生まれた時から、部屋のあちこちにキャブレターやら錆びたタンクやらが転がっておったそうな。玄関の下駄箱の上には、モトクロッサーのゼッケンプレートが飾られていたほど(笑)


オヤジは、仕事仲間で作ったモトクロスチームの草レースに毎週のように繰り出していた。
当然、長男のmotoも、トランポやオヤジのバイクの後ろに縛り付けられてに連れて行かれた。
よく覚えてないけど、5歳くらいから、長野やら埼玉の桶川のコース(本田の飛行場があったと思う)に連れて行かれ、オヤジが泥まみれで走るのをmotoはラジコンで遊びながら見ていた。

f0310771_22545699.jpg



motoが10歳になるころに、オヤジの友達のホンダCR80に跨がらせてもらい、ビリビリしびれるアクセルにビビリながら、モトクロ初体験をした。

f0310771_082620.jpg


これ、カップラーメン耐久レース中

スタート地点のピットに用意されたカップ麺と魔法瓶。
20周という周回の中で、カップラーメンを食い終わってGOALするというアホなルール(笑)

例えばスタートから2周してピットイン、カップヌードルにお湯をいれる。
3分間走り続ける。

3分後、ピットイン。カップヌードルが出来上がっている。
メットをずらしてカップヌードルを急いで半分食う。当然、ヤケドする。
口から麺をたらしながら、また全開で10周走る。

またピットイン。残りの麺を食う。当然、かなりふやけて倍の量になっている。しかもぬるい。
勿論スープも飲み干す。この頃には、かなり不味い食物になっている。

残りの周回を走りゴール。
その、走る、と、食う、の配分は各自自由。カップ麺の銘柄も自由。うどんは熱いので不利。
とにかく20周中に食い終わってゴールすれば良い。

アホぶり全開。


そんなオヤジのモトクロスライフにお付き合いする5回に1回くらいの割合で、オヤジのレースの合間にCR80に乗って練習。中学2年くらいまで、じゃじゃ馬なスズキRM125とかでキッズクラスの草レースを走った。成績はあえて聞かないこと。


が。。。肝心のmotoの写真が一枚もない。。。。


moto「オヤジ! 俺の写真もあるの?!」

オヤジ「ん?あ〜〜 無いんじゃないかなぁ〜」

moto「はぁ〜〜?? ない??」



フツーさあ、かわいい息子がバイクに乗る写真、ぜったい撮るでしょ!!
そういや そんな写真、今まで見た事がない。

f0310771_23181098.jpg



おい! じぶんばっかりじゃねーか!!


そんなオヤジの最後の愛車は、ヤマハのエンデューロ、TT250のフルパワー・カナダ仕様。

f0310771_23385846.jpg


motoも中型免許とった当時、TZR後方排気を購入するまでの間、しばらく乗らせてもらった。
今また欲しいステキなバイク。

当時はモトクロスの世界は全盛期。
毎年、神宮球場や後楽園で行われるスーパークロスをオヤジ軍団と観に行った。

f0310771_11372254.jpg


1982年 なつかしすぎw


1987年 この頃からカウンターをあてたトリッキージャンプが増えてきた。




小〜中学生ながら、一番楽しみにしていたお祭りかもw

地味でもクールな最速、ブロック・グローバー
サインももらった東福寺保雄
永遠のヒーロだったリックジョンソン、ヤマハもホンダも似合ってた。
突如現れた鬼才ルーキーの デイモンブラッドショー
ジャンプパフォーマンスで盛り上げるスズキの松田強。

時代ごとに、彼らは父のヒーローであり、僕のヒーローでもあった。
motoにとって、球場といえば野球ではなく、まずスーパークロスだった(笑)

お父様、おかげさまで今のmotoがあります。
英才教育、ありがとうございましたw

でも、小学校低学年の子供に、毎年クリスマスは必ず、超精密な田宮のバイクプラモは「難易度」が高すぎだったのをお気づきでしょうか。。。。特にブレーキホースとか、レバーとかチェンジペダルとか、ちっさいとこに接着剤入れて、キレイに挿すのが大変なんです。。。

正直、motoくんはガンプラがほしかったですw


そんなmotoくんも、今はBMWなんぞいう難しいバイクに乗っとりますw

今日のR100RS
なんだかノスタルジーな「東京タワー」が似合うバイクだ(笑)

f0310771_011698.jpg





にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

by moto-rs | 2014-01-21 23:54 | 雑記 | Comments(30)

後日レポ:CR-1 PERSONAL

昨日R100RSの外装に施工したCR-1 PERSONAL。
液が少し余ったので、ヘルメットにも施工してみた。

むしろこちらは、わかりやすく効果ありかも(笑) えらい光ってますw

f0310771_2328321.jpg



で、施工から、ひと晩経った外装。確かに以前よりガラス皮膜の艶を感じる。
手触りはツルンツルンで、今までニーグリップできたタンクも滑ってできないw これは皮膜効果か。

f0310771_23254342.jpg



洗車したエンジン。メリハリが出た (洗車のみ/non CR-1)
そしてCR-1を施工したサイドカバーは風景がしっかり映るくらい艶が強くなっている。

f0310771_23272442.jpg



巨大カウル。こちらは元から艶やかだったので外観の判別はあまりわからない。
でも手触りは確かにツルツル度がアップしている。

f0310771_23381338.jpg



ホイール。こちらはシリコンスプレー効果w
黒塗りパーツのしっとりな漆黒が簡単に復活できて効果もそこそこ持続する。
ついでに汚れも落としやすくなる。スクリーンなどにも撥水効果大。(ヘルメットシールドは滲むので×)

f0310771_23402941.jpg



あ〜〜相変わらず うっすらオイルが滲むフォーク・インナーチューブ。。。。

f0310771_2342159.jpg



CR1 PERSONAL、ひと晩おいて、その効果をなんとなく体感。これで汚れが落としやすく艶が持続するなら良いかもしれない。でも定期的なメンテナンスはやっぱり必要そうな気がする。
そのメンテナンス品、CR-1と同じメーカーが推奨するのがCR CURE2ってスプレーワックスケミカルなのだが、ほんとはこれを売るのが目的なんじゃなかろかというくらい、良く艶の出るモノらしい(笑)プレクサス的な用途で使う。CR1にオマケでついてた試供品ミニボトルを試しにスリ傷箇所に使ったら、あらら傷が消える消えるw こりゃあ騙されるなw ほしい。。。。。

よーし、わかりやすく騙されてやるw




にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

by moto-rs | 2014-01-20 23:49 | メンテナンス | Comments(2)