ガバっと! シャチの"乗り方"

.
.

R100RSはあちこちで、「こうやって乗るんだ」 という、"ならでは"の乗り方があると言われている。(らしい)


それはコーナーへのアプローチだったり、サスの沈め方だったり。
でもでも、自由気ままに走りながら、いまいちその"ならでは" がなんなのか、良くわかってないmoto(汗)


最近は、スロットルワークを今までとはちょっと違う感じでやってます。
「今まで」が、どうなんだかは良くわかりませんが、エンジンの回転上昇に合わせスロットルを開けていき、無理なく気持ちよく回るとこまであげてからシフトアップ、でした。
これ、バイクとしてフツーかと思う。


1速:〜3000rpm、2速:〜4000rpm、3速:〜4500rpmといった具合に。
あまり回転が高くないのは、シフトアップ時の一瞬のスロットルオフで、回転の落ちの谷が深いと操作がギクシャクするから。



で、これを最近は少々変えている。

簡単に言うと、早め早めのシフトアップ。
といっても、まったり走るわけではなく、2速からはいつもの倍、スロットルをガバっと開けて、回転が後からモリモリ追いついてくる感じにする。低中回転域のトルクを、思う存分使う。


回転が追いつく直前に、次へシフトアップ、またガバっと開ける。かぶりを感じるギリギリのとこ。
4速まであげてしまえば、あとは多少なり速度に変化があっても、ギア固定でクルージング。


この方が、ゼロ発信からクルージング領域に到達するまで、むしろ全体的に車速が安定して上がる。
燃費には悪そうだけど。。。太く分厚いトルクを感じて、前へ前へと突き出していく感じが楽しい、



早めシフトアップ〜スロットル先行でガバッと開けて回転を追いつかせる
流れでシフトアップ〜回転上昇と併行してスロットルを開けていく



さて、どっちが"ならでは"なんだろw


f0310771_23225435.jpg






Twitter ID Bonne38 (記事更新をツイートしてます)



バイク用品&インプレッションウェビック



にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ
にほんブログ村
[PR]

by moto-rs | 2015-02-23 23:28 | 雑記 | Comments(6)

Commented by papa at 2015-02-24 01:48 x
どう走らせたいかでスロットル操作やギアの選択が変わるのは当然なので、"ならでは"の乗り方と決められても「???」な私なのですが、とりあえず私の場合は街中でのギアは4速まで使ってます。ギアチェンジのタイミングは、
1速:〜2000rpm、2速:〜2500rpm、3速:〜3000rpmといったと具合でしょうか。
気持ちよく走れる場所ではない限り、スロットルもおそらく半分以下か四分の一くらいしか開けてない・・・と思います。
今の時季は寒さが応えるので(ビキニカウルなのですよ)尚更のんびりですね。
でも、早め早めのシフトアップは2気筒のエンジンには良いらしいというアドバイスを私も受けた事がありますよ、一部例外もありますが。
まぁ、本人とバイクが気持ちいい走り方でいいんじゃないでしょうか。
Commented by hanumaru at 2015-02-24 08:38
この乗り方ですと「けっこー飛ばしますね感」が( ・∀・)

キレイに回るエンジンに育っていそうです。

僕は3速までで引っ張って4速飛ばして5速に入れる握力温存ズボラ乗りですw
Commented by moto-rs at 2015-02-24 23:06
papaさん、僕も今は、ガバっとは開けますが、それくらいのタイミングで変速してます。ガバッとといっても、開度ではなく、勢いの事ですかね。実際半分も開けてないかと思います。

ガバッ!どどりゅーんって、これがまた気持ちいいw
Commented by moto-rs at 2015-02-24 23:07
hanumaruさん、回せる時は回してます。カーボンとか、うっぷんとか、色々吹っ飛ばす為にも(笑)

4速飛ばすのは、初耳ですw
Commented by jc at 2015-02-25 18:34 x
お疲れ様です‼
自分は、もっと酷く扱ってます。
自分もそうですが、年寄りは甘えさせてはいけません‼
信号待ちでは、隼には負けない位にアクセルを開け、山の登りではRZ に負けるかと頑張ってます‼
年寄りの冷や水かな⁉
Commented by moto-rs at 2015-02-25 23:30
jcさん、市街地の相手は隼、山ではRZってところが、カテゴリー的にリアル&お歳がバレます(笑)

RZの後ろで、カストロールの焼ける匂いなんぞ嗅いでる場合じゃないですな!

あれは敗者が嗅ぐ匂いです。
勝者にオイル焼けの匂いはありません!